シェア
シェア:

リンパ球の正常値とは

評価: 3.7 (3票)
1シェア
 
リンパ球の正常値とは
画像: myaffordablelabs.com

リンパ球とは体外から入ってくる悪い物質に、対抗するものです。この細胞成分はまた腫瘍細胞・役目を終えた細胞の排除などを役割とする造血幹細胞由来の細胞です。リンパ球の値が低いと、感染にかかりやすいです。こちらでは正常値について説明します。

こちらもオススメ: 血圧の正常値・適正値

正常値

血液検査でリンパ球の値も測れます。それは通常 1300 から 4000/mlです。

詳しく免疫システムについて知りたい方は、もっと詳しい検査をしないといけません。

高い値

高いと言われるのは、値が 4000 以上になった時です。感染症や、ひどい時は白血病になる恐れもあります。詳しくはこちらでどうぞ。

低い値

低いと言われているのは 1300/ml以下の時です。抗がん剤や放射線治療など化学療法の結果としてこのように減ることがあります。

この記事に含まれる情報は参照の目的だけに提供され、医師あるいは他の有資格の専門家によるアドバイスの代用にはなりません。医師に相談することをお勧めします。

リンパ球の正常値とはのようなハウツー記事をもっと読む場合は「病気」のジャンルページからアクセスすることができます。.

関連記事
コメント (0)

リンパ球の正常値とはの記事にコメントを書く

すごく役に立った

リンパ球の正常値とは
画像: myaffordablelabs.com
リンパ球の正常値とは