シェア
シェア:

低血圧の改善の仕方

工程
評価: 5 (2票)
1シェア
 
低血圧の改善の仕方

血圧というのは体内の血液の力、圧力という意味です。それを測るのに2つの数があります。はじめの数字は収縮の数を表し、次の数は1秒間の心臓拡張を表しています。通常の値は、はじめの数は100 から129mmHgで次の数は60 から 84mmHgです。これより低い場合、低血圧で、それは健康上色々な問題を来たします。ここでは低血圧の改善法を紹介します。

こちらもオススメ: 血圧の正常値・適正値
従う手順:
1

低血圧は、低血圧症として知られています。この原因として考えられるのは、薬の服用とか化学療法とか貧血などの病とか、過去のほかの病気と関係している場合もあります。

2

低血圧には色々な症状があります。慢性疲労、姿勢を変えたり起き上がったりする時のめまい、吐き気、顔が青くなるなどです。 低血圧は出血した時の、脈拍の問題と関係している場合もあります。また熱が38度以上出ることもあります。

3

低血圧を治すにはまず原因を知ることです。原因が分かるまでの間、いくつかの改善法を試してみてもいいですが、でも医師の指示に従ってください。 何か他の病気と併用している場合、すぐに専門医に見てもらわないといけません。なので、まず低血圧のかたは、病院に行きましょう。

4

低血圧を治すのには、まずあまり暑すぎる場所には行かないことです。またお風呂も熱いすぎるのには入ってはいけません。サウナもダメです。 これらは血圧を下げてしまいます。夏など暑い時期には家を涼しく保ちましょう。こちらではその方法を紹介しています。

5

脱水状態は低血圧の人にはよくないですから、常に水を飲むようにしましょう。一日に2,3L飲むといいでしょう。また野菜やフルーツから水分をとるのもいいです。特に暑い日はよく水を飲むことで低血圧を改善できます。

6

血圧に影響する可能性があるアルコール、これは避けましょう。コーヒーやお茶などは低血圧にいいです。特に運動するときの飲み物は大切ですから、いい物を飲みましょう。

7

低血圧改善には野菜やフルーツを積極的にとるのが大切です。これらは栄養がありビタミン豊富で体にいいです。また水分も沢山含まれているので脱水にならずにいいです。特に貧血を起こす方、鉄分不足で低血圧の方は、赤身の肉、ほうれん草やブロッコリー、赤ピーマンなどを食べるようにしましょう。

8

急に朝血圧が下がるかたにお勧めなのがこの方法です。水にスプーン1杯の塩を入れて飲む方法です。これで血圧も上がり、気持ちよく漢汁と思います。これは一時的な解決策で、長くは続きません。

9

血液の流れをよくし、低血圧にもいいのがしょうがです。新鮮なしょうがをひとかけら、皮をむき、水に入れます。これを数分沸騰させ、飲みます。日に2回これを飲むといいでしょう。

10

朝鮮人参もまた効果があります。特に脳にいいです。元気づけ、健康的になり、血圧も上がります。しょうがと同じようにお湯に入れて飲むのもいいです。

11

この方法を実行すれば血圧は下がると思いますが、それでも低血圧が続く場合医者に見てもらいましょう。何か深刻な病と関係していて、その後専門医に見てもらう必要もあるかもしれません。

この記事に含まれる情報は参照の目的だけに提供され、医師あるいは他の有資格の専門家によるアドバイスの代用にはなりません。医師に相談することをお勧めします。

低血圧の改善の仕方と関連した記事をチェックしたい場合は、病気のジャンルから探すことができます。

アドバイス
  • 慢性低血圧の方は暑い場所を避けてください。また水分を十分とってください。低血圧改善には、しょうがや朝鮮人参も食べるといいです。
コメント (0)

低血圧の改善の仕方に関してコメントを残す

あなたは記事をどう思いましたか?

低血圧の改善の仕方
71
低血圧の改善の仕方