シェア

子宮の痛みの原因

投稿者 福山真子. 更新された: 16 1月 2017
子宮の痛みの原因
画像: eldictamen.mx

子宮の痛みを訴える女性は多いです。ある人は生理中に痛くなり、そうでない人もいます。子宮の痛みは、小さな痛みからひどい痛みまであります。どうして子宮の痛みがあるのか知りたいかたは、ここで説明しているので読んでみてください。

従う手順:
1

子宮自体は痛みを与えていません。実はその周りの臓器が痛いんです。子宮近くの弱い痛みから、お腹辺りの大きな痛みまで色々です。

子宮の痛みの原因 - ステップ1
2

よくあるのは排卵の時に子宮が痛むことです。排卵の痛みというものです。小さなチクチクする痛みで数時間、または一日中痛むでしょう。運動したり、性交渉したら、その痛みは増すかもしれません。この痛みは心配する必要はありません。しかし我慢できないほど痛い時は婦人科に行きましょう。

3

他の子宮の痛みは生理と関係しています。子宮が痛いという人がいますが、実はそれは筋肉の痙攣でたいしたことはないので、そのままほっておいても大丈夫です。これらの痛みは鎮痛剤を飲めばいいでしょう。また婦人科に見てもらい、避妊薬を飲むのも手です。

4

生理不順で悩んでいるかたは、生理中に痛みを感じるかもしれません。この場合、痛みはもっと強く大変でしょう。婦人科に相談してみましょう。避妊薬を飲むのがいいかもしれません。しかしこの前に、必ず婦人科に相談しましょう。

5

骨盤が腫れる病気もあります。この病気は付属器炎として知られて、卵管と骨盤が腫れて、子宮が痛くなることがあります。すぐに婦人科に行くことをお勧めします。

子宮の痛みの原因 - ステップ5
6

他に子宮が痛い原因は、子宮内膜症です。多くの場合、症状はないのですが、症状に気がつく人もいます。子宮のまわりがすごく痛くなり、気づくのです。これは自分での診断が難しいかもしれません。なので婦人科へ行きましょう。もしかしたら子宮内膜症かもしれません。腹腔鏡を使う方法を行うと思います。

子宮の痛みの原因 - ステップ6
7

子宮の嚢胞が痛みの原因とも考えられます。この場合、痛みの頻度はそんなに多くはないですが、嚢胞か腫瘍ができているかもしれません。これを引き起こす原因は以下の通りです。

  • 遺伝
  • 肥満
  • 糖尿病

かなりひどい、また長引く子宮の痛みがあれば、 専門医に見てもらいましょう。また一年に一度は婦人科に行き定期健診もしましょう。

子宮の痛みの原因 - ステップ7

この記事に含まれる情報は参照の目的だけに提供され、医師あるいは他の有資格の専門家によるアドバイスの代用にはなりません。医師に相談することをお勧めします。

子宮の痛みの原因と関連した記事をチェックしたい場合は、家庭医学のジャンルから探すことができます。

子宮の痛みの原因に関してコメントを残す

あなたは記事をどう思いましたか?

子宮の痛みの原因
画像: eldictamen.mx
51
子宮の痛みの原因

トップに戻る