menu
シェア

寝てる間のよだれを止める方法

投稿者 福山真子. 更新された: 20 1月 2017
寝てる間のよだれを止める方法

寝ている間に自然に出てくるよだれ、朝起きたら枕がベトベト…なんて嫌な経験は誰でもありますよね。就寝中のよだれの対処法は習慣を変えるだけという、シンプルなものもあります。しかしアレルギーや副鼻腔炎と関係している場合は、もっと専門的な対処法が必要でしょう。しかし、よだれが全然止まらない人は脳の障害かもしれないので、お医者さんに相談してみでもいいでしょう。ここでは寝てる間のよだれを止める方法を紹介します。

こちらの記事もオススメです!: 眠れない夜にぐっすりと眠る方法

こちらもオススメ: 怖い夢を見る原因と対処法
従う手順:
1

鼻呼吸

寝ている間よだれをたらしてしまう人の多くは口で呼吸をしている人です。夢を見ている時、無意識の時は体は違う機能をしています。口で呼吸する人はふつう、口からよだれが出てしまいます。脳はつばを飲み込むとか命令していないからです。口を閉じて鼻呼吸すれば、よだれはたれません。

寝てる間のよだれを止める方法 - ステップ1
2

耳鼻科に行く

医者に行けば、副鼻腔炎かそれとも鼻に別の問題があるか、よだれがたれる原因なども分かると思います。鼻が常に詰まっている人は、医者に行って、鼻づまりを直してもらうと、その後気持ちよく呼吸ができていいでしょう。これで力を入れず鼻呼吸することができます。

寝てる間のよだれを止める方法 - ステップ2
3

仰向けで寝る

仰向けで寝るとよだれをたらしにくくなります。仰向きなら口を開けて寝てもよだれはたれにくいです。なので、仰向けで寝てみてください。夜中目が覚めて、うつ伏せか横向きになっていたら、また仰向けに戻って寝るようにしましょう。何度も繰り返して、習慣づけると仰向けで寝やすくなり、よだれもたれなくなります。

寝てる間のよだれを止める方法 - ステップ3
4

専門医に診てもらう

鼻が詰まっている人は、耳鼻科などに行き検査してもらいましょう。それによく耳や鼻を掃除もしてもらいましょう。これはよだれだけの問題じゃなく、風邪や呼吸器系の病気とも関係している場合もあるので、しっかり治療したほうがいいです。

寝てる間のよだれを止める方法 - ステップ4
5

忍耐

まずは忍耐が必要です。寝ている間のよだれの問題はそう簡単に解決するものではないのです。寝る前にお茶を飲んだりしてリラックスするといいでしょう。

寝てる間のよだれを止める方法 - ステップ5

この記事に含まれる情報は参照の目的だけに提供され、医師あるいは他の有資格の専門家によるアドバイスの代用にはなりません。医師に相談することをお勧めします。

寝てる間のよだれを止める方法と関連した記事をチェックしたい場合は、心理学のジャンルから探すことができます。

の記事にコメントを書く

あなたは記事をどう思いましたか?

寝てる間のよだれを止める方法
61
寝てる間のよだれを止める方法

トップに戻る