menu
シェア

眠れない夜にぐっすりと眠る方法

 
投稿者 Kollama Yujiro. 更新された: 16 1月 2017
眠れない夜にぐっすりと眠る方法

なんだか目がさえて夜に眠れないときってありますよね?誰もが一度くらいは経験したことがあると思います。暗い部屋で、目を閉じていてもやっぱり眠れない。そんなときにぐっすりと眠れる、もしくは寝つきがよくなる方法をお教えします。

従う手順:
1

まずはリラックス

明日の仕事のことを考えて、色々と頭を回転させているとリラックスして眠ることはできません。確かに、明日のことをあれこれ考えることは仕事をする上ではいいことかもしれません。しかし、眠るということに関してはマイナスです。あれこれ考えたり、作業をするのは時間を決めて、スパッとやめてしまいましょう。眠る時間の30分前ぐらいから、眠るための準備として、難しいことは考えずに、ゆったりと時間を過ごしましょう。心身共に落ち着いてくると、布団に入ったときに眠りやすくなります。

2

体を温める

これは体をリラックスするためでもありますが、半身浴などをして、体をゆっくり温めましょう。こうすることで、体全体の血の巡りがよくなり、心身共に落ち着いてくるでしょう。半身浴はぬるめのお湯で30分程度が目安です。お風呂から上がっても、しばらく体がポカポカして、眠るための準備としていい状態になるでしょう。さらに、部屋が寒い場合は、暖房等で室温を20度前後にしておくと、眠りやすい環境となります。

3

刺激を避ける

夜遅くまでパソコンで作業をしていたり、スマホでゲームをしたりしていると、頭は興奮状態のままです。また、寝る前のコーヒーやアルコールもできれば避けましょう。アルコールを摂取することで、すぐに寝付くことはできるかもしれませんが、実は眠りが浅く、夜中に何度も目を覚ましてしまったり、結局朝起きると、疲れが取れていなかったり、寝不足になってしまうこともあります。

4

BGMやアロマ

睡眠用のBGMや癒しのBGMを聞くことで、脳波をα波に変えてリラックス状態に導いてくれます。寝室でバックミュージックのような音量でBGMを流し、また好きな匂いのアロマを炊いてみたり。自分の体の状態も大切ですが、眠る環境も大切です。

5

ストレッチ

ストレッチをすることで、副交感神経系のスイッチが入り、リラックスした状態に切り替わっていきます。ここで大切なことは、あくまでも心身をリラックスさせるためのストレッチです。きちっとした順序でなくても構いませんし、汗をかくほど激しくストレッチしてはいけません。むしろ、体が目覚めて、睡眠どころではなくなってしまいます。ゆっくり、自分のペースで、心地いいぐらいのストレッチを心がけましょう。

6

眠れないような日が続くようであれば上記のような方法を試してみてください。一番大切なことは、心も体もリラックスさせることです。どんなことをしても、リラックスしていなければ眠ることは難しくなってきます。何も考えずに、ボーっとする時間も大切だと思います。いろんな方法を試してみて、自分に合ったリラックス方法を見つけてみてください。あなたにぐっすり眠れる日が来ることを祈っています。

この記事に含まれる情報は参照の目的だけに提供され、医師あるいは他の有資格の専門家によるアドバイスの代用にはなりません。医師に相談することをお勧めします。

眠れない夜にぐっすりと眠る方法と関連した記事をチェックしたい場合は、心理学のジャンルから探すことができます。

の記事にコメントを書く

あなたは記事をどう思いましたか?

眠れない夜にぐっすりと眠る方法
眠れない夜にぐっすりと眠る方法

トップに戻る