menu
シェア

緊張してどうしようもない時、使える緊張をほぐす方法

投稿者 中田香織. 更新された: 16 1月 2017
緊張してどうしようもない時、使える緊張をほぐす方法

緊張のあまり、企業の面接や仕事のプレゼンテーションが上手くできなかった、なんてことありませんか?緊張すると、なぜか口がうまく動いてくれなかったりしますよね。リラックスしたくてもなかなかできない... 

そんな時に直前でもできる、簡単に緊張をほぐせる方法をご紹介します。

画像:http://www.ellahoy.es/

従う手順:
1

1.ツボを押してみる

人前でも簡単にできる手のひらのツボ押しです。ツボは3つ。「労宮」「神門」「内関」です。

  • 労宮:自律神経を整えるツボです。手を軽く握ったときに中指と薬指の触れる場所にありますので、親指で指先方向に押し上げるように押します。精神的に疲れている時、ストレスでイライラする時、緊張しそうな時などにツボを刺激して心を落ち着かせることができます。
  • 神門:精神を落ち着かせるツボです。手首の横じわの小指側にあるくぼみにありますので、親指でツボを押し他の指は手首をつかむように添えて刺激します。温めても効果ありです。あがり症やストレスなどに有効です。
  • 内関:こちらも自律神経を整えてくれるツボです。手首の横じわから指3本幅分肘側、手首中央にある2本の筋の間にあります。親指で痛気持ちいいと感じる強さで刺激してください。動悸を鎮める効果があります。
2

2.深呼吸をする

緊張を解くときに深呼吸をすると良いと聞きますよね?だけど待ってください。正しい深呼吸をしてますか?

緊張している時は、過呼吸の状態になっています。なので、まずは息を吐く。もう吐く息がないところまで吐き続けて、それから鼻から吸います。口から吸ってしまいそうな場合は口を押さえて鼻からだけ吸ってください。あとは、口から息を吐けば大丈夫。 新しい空気で肺を満たして緊張を緩和できます。

3

3.肩をほぐす

緊張すると体に無意識に力が入ってしまいます。人目が気にならなければ大きく伸びをしたり、肩を回したりして筋肉をほぐしてあげましょう。

4

4.口を湿らす

緊張すると何故か口が渇きますよね?口が乾いているだけで上手くしゃべることができなくなってしまいます。できるだけ面接やプレゼンテーションなど面前でしゃべる時には水を飲んで口を湿らしておきましょう。

5

いかがでしたか?緊張した時に直前でもできる対処法をご紹介しました。いざという時に活用してくださいね。

この記事に含まれる情報は参照の目的だけに提供され、医師あるいは他の有資格の専門家によるアドバイスの代用にはなりません。医師に相談することをお勧めします。

緊張してどうしようもない時、使える緊張をほぐす方法と関連した記事をチェックしたい場合は、心理学のジャンルから探すことができます。

アドバイス
  • 緊張対策
  • リラックス方法

の記事にコメントを書く

あなたは記事をどう思いましたか?

緊張してどうしようもない時、使える緊張をほぐす方法
緊張してどうしようもない時、使える緊張をほぐす方法

トップに戻る