シェア

自分の口臭を確かめる方法

 
投稿者 Kollama Yujiro. 更新された: 16 1月 2017
自分の口臭を確かめる方法

自分の口臭はなかなか気付きづらいですよね。だからこそ気になりますし、臭いのならば周囲の人が気付く前に何とかしたいという気持ちはだれしもあると思います。しかも、もし周囲の人が自分の口臭に気付いたとしても、デリケートなことなのでなかなかはっきり言えません。結局気付かなかったのは自分だけ、という状況にもなりかねません。そこで今回は、自分の口臭を確かめる方法をお伝えします。

従う手順:
1

口臭チェッカーを利用して口臭を確かめる

もっとも確実な方法は、市販されている口臭チェッカーを使用することです。息を吹きかけることで口臭を数値化でき、客観的に匂うかどうかを量ることができます。値段自体も手頃でサイズも小さいので持ち運びに大変便利です。有名メーカーから発売されているものもありますので信頼性もあり、なにより数値化できるのでとても分かりやすいです。1つ難点なのが、においの強さや弱さを量ることは出来ますが、どんな臭いかは量ることが出来ないということです。臭いか否かということしかわかりません。

2

唾液を利用して口臭を確かめる

口臭の原因となるのは、口の中で繁殖した細菌です。口の中に残っている食べカスなどを細菌が食べて、口臭物質を出すことで、口臭が発生します。その細菌が発した口臭物質は唾液にも溶け出ていますので、唾液を使って口臭を確かめることが出来るのです。方法としては、手の甲やてのひらをなめて、手に唾液を付けます。そしてしばらく放置してからその臭いをかぎます。すると自分の口臭の臭いがするのです。手が臭くなるのが嫌な場合はガーゼなどに唾液を取り、臭いをかぐとよいでしょう。この方法で、自分の口がどのくらい臭くて、どんな臭いなのかをダイレクトに知ることが出来ます。ただし、一つ注意したいのが、この方法は自分の口臭が確実に分かりますが、それだけショックが大きいことも予想されますので、この方法で口臭を確認するにはそれなりの心構えが必要かもしれません。

自分の口臭を確かめる方法 - ステップ2
3

舌の色を確認する

口臭が気になる場合は、舌の色を確認しましょう。舌の表面にある白い汚れ、「舌苔」が付いているかどうかを確認するのです。もともと、舌の上は細菌が最も臭いのもとを生み出しやすい環境になっていて、それが舌苔に現れるのだそうです。舌苔は口の中の臭いと深い関係があるということです。舌苔が多く、舌が白くなっている人ほど口の仲が臭くなっている可能性があります。日頃から歯を磨く時は舌もチェックして、舌苔が付いているようであれば、歯ブラシでお掃除するようにしましょう。

4

誰かに臭いをかいでもらう

口臭は自分では分かりませんので、一番簡単で確実な方法は、誰かほかの人に臭いをかいでもらうことです。家族や友人など、親しい人で協力してくれる人がいるなら思い切って聞いてみましょう。客観的な判断を聞くことが出来ます。ただし、相手が気を使う人であれば、本音で教えてもらえない可能性もありますので、なるべく身内の人を選んで、事情を説明して協力してもらいましょう。また、口腔内の病気などの可能性がある場合は、歯医者さんに相談するのも一つの手です。歯医者さんは患者の息を直接自分の鼻で確かめる「官能検査」を行いますので、より専門的に話を聞くことが出来ます。お口の中のトラブルにも対応してもらえますので、的確なアドバイスをもらうこともできます

5

いかがでしたでしょうか。口臭は自分ではなかなかその臭いが分からないので、実際臭くなくてもなかなかその不安を解消できません。口臭が気になると、話をするたびに気になりますし、人と向かい合うのもなんだか気が引けてしまいます。まずは上記の方法で自分の口臭を確認し、歯ブラシやガムなどで対策をとるようにしましょう。

この記事に含まれる情報は参照の目的だけに提供され、医師あるいは他の有資格の専門家によるアドバイスの代用にはなりません。医師に相談することをお勧めします。

自分の口臭を確かめる方法と関連した記事をチェックしたい場合は、家庭医学のジャンルから探すことができます。

自分の口臭を確かめる方法に関してコメントを残す

あなたは記事をどう思いましたか?

自分の口臭を確かめる方法
21
自分の口臭を確かめる方法

トップに戻る