シェア
シェア:

舌にできた口内炎を治す方法

1シェア
 
舌にできた口内炎を治す方法

誰でも一度は舌に口内炎ができて、悩んだことがあるでしょう。 特に食べる時はそれが痛んでやっかいですね。舌の口内炎は小さくて、原因はいろいろ考えられます。熱い物を食べたとか、間違えて舌を噛んでしまったとか、ウイルスやアレルギーに関係していることもあります。ほとんどは数週間で自然に治ります。しかし痛みは嫌ですよね。こちらでは舌の口内炎の治療法を紹介します。

必要なもの:
こちらもオススメ: 扁桃腺の腫れの治し方
従う手順:
1

解消法は、リドカリンという局所麻酔を使う方法です。コットンにこれをつけ、患部にあてましょう。数分こうしておくと、痛みは緩和するでしょう。もしかしたら、食事の時、味がしなくなるかもしれません。口内炎がいくつもあって痛む方は医者にいくと、正しいうがいを薦められるでしょう。もっとひどい口内炎があるかたは、口内炎が出来たらすぐ口をゆすぎましょう。また焼灼を使う方法もあります。舌の裏にある神経を壊すんです。また医者は、その痛みを治すため、特別な薬を処方する時もあります。興味がある人は聞いてみましょう。

2

早く治せる薬もあります。薬局で聞いてみましょう。例えばこのようなものがあります。こちらを参考にどうぞ。

3

糸杉の種も口内炎にいいです。これは傷を癒す作用があります。10粒の種を沸騰させ、それで1日に2,3回うがいします。これで早く口内炎が癒えるでしょう。

4

水と重炭酸ソーダを混ぜパスタ状にする方法もあります。これをちょっとだけ患部につけ、5分以上おきます。これで口内炎がよくなるでしょう。

5

他に家庭で出来る方法は、1Lの水に、塩をスプーン3杯入れ、それを溶かすために少し温めます。それをボトルに入れ、少しずつそれを飲んだり、うがいに使ったりしましょう。口中にその液体が行くようにうがいし、1分したら、吐き出しましょう。日に3,4回やったらいいでしょう。

6

他にいい方法はアロエです。アロエは医薬品としてよく使われ効果があり、傷を癒してくれます。やり方は、アロエの中の液体を患部につけるだけです。こちらで詳しく、どうやってアロエが口内炎を治療するか説明しています。

7

また口内炎の予防も知っておくといいですね。再び口内炎ができて痛くならないように。口の中の傷は免疫力が低下している時にできやすいものでもありますが、また自分自身で噛んでしまってできることもあります。もし何度できるようなら、医者に行き見てもらいましょう。

この記事に含まれる情報は参照の目的だけに提供され、医師あるいは他の有資格の専門家によるアドバイスの代用にはなりません。医師に相談することをお勧めします。

舌にできた口内炎を治す方法と関連した記事をチェックしたい場合は、家庭医学のジャンルから探すことができます。

コメント (0)

舌にできた口内炎を治す方法に関してコメントを残す

あなたは記事をどう思いましたか?

舌にできた口内炎を治す方法
31
舌にできた口内炎を治す方法