シェア

薬に頼らずに二日酔いを解消する方法

投稿者 福山真子. 更新された: 16 1月 2017
薬に頼らずに二日酔いを解消する方法

頭痛がひどいですか?

頭を殴られたように痛いことはないですか? 今日でこの世がおわってしまいそうなほど、気分が悪く感じたことはないですか? それはひどい二日酔いが原因かもしれないですね。でも心配しないでください。これを読めば、またこの通りにしたらそれは治ります。ここでは、薬を使わず早く二日酔いを治す方法を紹介します。

従う手順:
1

飲んだ次の日気分が悪かったり、頭痛がしたら、色々な方法を使ってそれを治すことを考えましょう。まず、水やフルーツジュースを飲み、水分補給することです。これで酔いも冷めます。またお腹がすいていないかもしれませんが、お腹にいいので何か食べましょう。

薬に頼らずに二日酔いを解消する方法 - ステップ1
2

研究によると、お酒を飲む前に、 ビタミンB6が入っているピリチノールというのを飲むと次の日、二日酔いになりにくいです。ひよこ豆はビタミンB6が入っていてとてもいいものです。お酒を飲みながらこれをちょっとつまむと、二日酔いはなくなるでしょう。ビタミンB1がたくさん入っているアスパラガスも二日酔い防止にいいです。

薬に頼らずに二日酔いを解消する方法 - ステップ2
3

酔いを覚ましてくれるのはしょうがです。ジンジャエールかしょうが湯を飲むと良いです。作り方は次のようです。10-12枚ぐらいにしょうがを切り、4杯の水と一緒に混ぜます。10分煮込み、水をこして、オレンジジュースとレモンジュース半分と、はちみつスプーン半分混ぜてください。

薬に頼らずに二日酔いを解消する方法 - ステップ3
4

レモンはお腹をすっきりさせるのにいいです。ご存知の通りアルコールを飲みすぎると胃に良くないです。そこでお勧めは起きたときレモンジュースとぬるい、または熱いお湯を少し飲むことです。レモンはミネラル豊富で、アルコールで失ってしまったミネラルを体内で作り出す働きがあります。またアルコールは体内に酸を作り出し、そのせいで飲んだあと頭が痛くなったりするんです。またレモンはすっぱいんですが、実はアルカリが強く、体内に pHを作り出すんです。なので無くなった水分を朝取らないといけません。またレモンはアルコールの毒を抜く作用もあります。

薬に頼らずに二日酔いを解消する方法 - ステップ4
5

二日酔いにいい食べ物は、ベーコンサンドイッチやオレンジジューです。信じられないかもしれませんが、ベーコンのアミノ酸は二日酔いにいいんです。他の研究ではビタミンCはアルコールの副作用にきくとも言われています。またある研究では目玉焼きもアルデヒドを減らす働きがあります。アルデヒドとは飲みすぎたときに体内に溜まる物質です。こちらでもっと詳しい二日酔いに聞く食べものが見れます。

6

ミントの葉を沸騰させたコップ一杯のお湯にいれ、ふたをします。冷めるまで待ち、飲みましょう。お好みでスプーン一杯のハチミツを入れてもいいです。これが二日酔いの頭痛に効きます。また同時に水分補給もできます。ここでミントの効果に説明しているので、読んでみてください。二日酔い以外にも効果があることがわかると思います。

薬に頼らずに二日酔いを解消する方法 - ステップ6

この記事に含まれる情報は参照の目的だけに提供され、医師あるいは他の有資格の専門家によるアドバイスの代用にはなりません。医師に相談することをお勧めします。

薬に頼らずに二日酔いを解消する方法と関連した記事をチェックしたい場合は、家庭医学のジャンルから探すことができます。

アドバイス
  • くれぐれも飲みすぎには注意しましょう。

の記事にコメントを書く

あなたは記事をどう思いましたか?

薬に頼らずに二日酔いを解消する方法
61
薬に頼らずに二日酔いを解消する方法

トップに戻る