シェア

虫刺されを早く治す方法

 
投稿者 Kollama Yujiro. 更新された: 16 1月 2017
虫刺されを早く治す方法

虫刺され、つらいですよね。いつの間にということも多くあります。どうしたら、虫刺されのつらさから解放されるのでしょうか。少し考えてみましょう。

従う手順:
1

予防が一番大切です。外に出る時は虫よけを忘れずに。

テング熱やジガ熱など、虫刺されが原因となる重篤な病気が流行っています。だから、普段から虫に刺されないように注意すべきです。もし虫に刺されなければ、早く治さないと思わなければいけないので一石二鳥です。

虫よけにどれくらい効果があるかと思われるかと思いますが、効果は絶大です。個人的な印象ではありますが、ブレスレット式のものより、肌に直接つけるタイプのものが良いように思います。汗をかいたら効果が薄れるので、洗ってまたつけるを繰り返しましょう。

お手軽なのはスプレー式のものですが、つけている途中で吸い込む感じが嫌だという方もいるかと思いますが、ウェットティッシュ式のものなら安心です。お子さんがいる家庭であれば、お子さんに使った後、ご自分の肌もさっと拭いておけば、お散歩くらいなら効果を実感できることでしょう。

2

虫に刺されたと思ったら、できるだけ早く水洗いしましょう。

虫刺されによって起こる諸症状、かゆみ、かぶれ、腫れなどは、一種のアレルギー症状です。アレルギーを引き起こす虫の唾液などを水で洗い流して、アレルギー源を取り除くことが大切です。特殊な虫の場合は虫ごとに対処法があるかと思いますが、典型的な虫刺されである蚊においては、特に効果的です。これをするかしないかで、予後が変わってきます。

ちなみに、毛虫や蜂など毒針が刺さっていることが分かる場合は、水で洗う前に必ず毒針の処置をしましょう。何もしないで水洗いをすると、毒針がさらに肌の奥に入り、症状を悪化させます。また、毒針は指でつまみ取るのも、同じ理由で危険です。できればピンセットで抜きましょう。

ピンセットがない場合は、毛虫の場合はガムテープでもとることができます。蜂の場合は、固いカードを使って横から跳ね飛ばすようにしてとると良いでしょう。ちなみに、蜜蜂などの毒針には毒嚢がついています。下手の抜き取り方をするとそれがつぶれ、毒が流れ込み危険なので慎重に対処しましょう。

3

痒みがひどい場合は、冷やしましょう。

痒みがひどくて、寝られない、無意識のうちに、かきむしってしまうなどということがあったら大変です。痒みがひどい時は、冷やしましょう。冷やし方は様々にありますが、シート型の保冷剤はお勧めです。それなら、包帯やテープで簡単に固定すれば、そのまま寝ても取れず、寝ている間にはずれて寝ている間にかきむしっていたというような失敗もありません。

ただし、蚊に刺された直後だという確信があるのなら、サッと患部を綺麗にした後、低温やけどには気を付けつつ、温めましょう。熱めのお風呂くらいの温度である40度くらいのお湯に30分ほどあてるか、それが難しい場合、温かい飲み物が入ったジュース缶などをあてると良いです。痒みの元となるものが分解されます。

4

肌が弱い方は痒み止めの使い過ぎに注意しましょう。

虫刺されは綺麗にして、その後、痒み止めをと言われます。確かに、痒み止めをつけると、痒みが治まり、すっきりした気分がします。しかし、肌が弱かったり、幼児のの柔らかな肌につけすぎると、つゆが出て治りを遅くします。幼児だと特にです。つゆが固まると、それを取ってしまうので、さらに状態を悪くします。

とはいえ、痒みを我慢できず、かきむしってしまうのは、もっと良くありません。痒み止めをつけてもなお痒い場合は、痒み止めを繰り返し、繰り返し塗るのではなく、3.で紹介した冷やすことを併用しましょう。

誤解のないように書きますが、痒み止めが悪いと言っているのではありません。スポンジ状がついているタイプの痒み止めの用法・用量のところには、たいてい軽く1、2回を一日に数回と書いてあるのに、痒さに負けてたっぷり数回を1、2時間に数回していたら、良い訳がありません。痒み止めも他のお薬同様に、用法・用量はきちんと守りましょう。

5

ひどくかぶれる場合は病院へ行きましょう。

虫刺されは病院に行くほどのことがないと思われがちですが、ぐじゅぐじゅした感じになったり、湿疹が周囲に広がりだしたりしたら、病院に行くべきです。治りが遅くなるだけでなく、下手したら色素沈着などを起こしたりして傷が残ります。たいてい虫は肌を露出していた部分に刺します。傷が残って、もう半袖は着られないなどということにならないようにしましょう。

ちなみに、受診先は皮膚科や内科、美容外科です。しかし、毒性の強い虫に刺されてしまって、急性的な症状が見られる場合は、迷わず救急車を呼びましょう。実際、処置が遅れて、お亡くなりになる方もいます。

6

たかが虫刺されと思わず、早く治すことを心がけましょう。

この記事に含まれる情報は参照の目的だけに提供され、医師あるいは他の有資格の専門家によるアドバイスの代用にはなりません。医師に相談することをお勧めします。

虫刺されを早く治す方法と関連した記事をチェックしたい場合は、家庭医学のジャンルから探すことができます。

虫刺されを早く治す方法に関してコメントを残す

あなたは記事をどう思いましたか?

虫刺されを早く治す方法
虫刺されを早く治す方法

トップに戻る