シェア
シェア:

血小板減少での対処方法

工程
評価: 5 (10票)
2シェア
 
血小板減少での対処方法

血液検査をした時、血小板が少ないと分かったら、それは体内で何か起きているということです。通常の値は、150.000 から 450.000 です。これより低いと危険です。ここではその対処法を紹介します。

また、血小板の知識を深める場合にはこちらの記事も併せてお読みください。

従う手順:
1

血小板の減少は、深刻な病を引き起こすかもしれません。デング熱や脾臓の病気、ビタミンK不足になることもあります。または白血病になる恐れもあるほど怖いのです。その場合、大切なのはしっかり化学治療し、血小板の値を正常に維持することです。

2

血小板減少症にならないように注意してください。もし 10.000以下になってしまったら、デング熱や他の病気になるかもしれません。最悪の場合も考えられますので、すぐに医者に行きましょう。

3

医者で血液検査をしてもらうと、血小板の様子が分かります。不安だったら、医者で見てもらいましょう。

4

血小板の減少が見られると診断されたら、食生活も改善しないといけません。バランスのいい食事をし、特にビタミンやミネラルが多いものを食べると血小板増加にいいでしょう。血小板増加にいい食べ物をその他調べてみてください。

5

自分で勝手に薬の飲むのはよくないです。必ず医者に相談しましょう。たとえばデング熱の場合、間違った薬を飲んだらさらに症状が悪化してしまいます。ほかの病気も同様です。必ず医者の指示に従いましょう。

6

専門医に食べ物の相談をしてみてもいいですが、実は血小板を増加させるのにいい食べ物がいくつかあるんです。こちらの記事ではそれを紹介しているので、読んでみてください。

7

血小板は私たちの体で大切な部分です。血液の中にあり、健康をつかさどる部分で、血小板に問題があれば何か体に異常があるということです。血小板にどんな働きがあるか知りたいかたは、こちらをどうぞ。

この記事に含まれる情報は参照の目的だけに提供され、医師あるいは他の有資格の専門家によるアドバイスの代用にはなりません。医師に相談することをお勧めします。

血小板減少での対処方法と関連した記事をチェックしたい場合は、病気のジャンルから探すことができます。

アドバイス
  • 通常より血小板が少なければ医者に行きましょう。
コメント (0)

血小板減少での対処方法に関してコメントを残す

あなたは記事をどう思いましたか?

血小板減少での対処方法
血小板減少での対処方法