シェア
シェア:

血小板減少症の症状

工程
評価: 5 (4票)
1件のコメント
1シェア
 
血小板減少症の症状

血小板は血液中にあり、健康でいるためにはいつも正常値を保っておく必要があります。血液中の血小板の数は、大人なら150.000から 450.000ミリでしょう。150.000以下になるようなら気をつけないといけません。そして原因を調べる必要があるでしょう。こちらでは血小板減少症について説明します。

こちらもオススメ: 血小板減少での対処方法
工程:
1

その名の通り、血小板が少ない病気を血小板減少症といいます。原因は色々考えられます。また他の病気と関係しているかもしれません。例えばデング熱、肝硬変、再生不良性貧血などです。血小板が減少し深刻なると肺炎、骨髄異形成症候群などになるかもしれません。なので医者に行き原因を調べてもらいましょう。

2

血小板の減少は色々な原因が考えられるので、すぐに血液の専門家などに見てもらいましょう。この専門医が対処法などを詳しく教えてくれると思います。

3

血小板が減少すると疲れを感じやすくなります。それは血小板が150.000以下になったとき、特にそう感じるでしょう。食欲がなくなったり、疲れを感じたら、それは初期症状の現れです。

4

他に分かりやすい症状は、皮膚炎のように肌が荒れることです。体のどこにでもこれはできますが、通常腕、背中、腰にできるでしょう。

5

血小板が減少すると、軽くぶつけただけで、あざもできやすくなります。またぶつけてないのに、あざができたりもします。

6

血小板が10.000 以下になるような深刻な場合は、大変です。口の中で出血したり鼻血も出るでしょう。入院して、すぐに血小板の治療をしないといけません。

7

原因によって症状は異なります。例えば、ちょっとだけ血小板が減少したぐらいでは、何も症状がないかもしれません。なので気づかない人もいるでしょう。

8

血小板を増やす方法は色々あります。 例えば、デング熱や貧血、ビタミンB不足のような軽い症状の場合、血小板を増やすのは簡単です。しかし肺炎など深刻な病気の場合、化学療法などしっかりとした治療が必要でしょう。

9

血小板が減少しているならすぐに医者にみてもらいましょう。こちらでは詳しい情報を提供しているので読んでみてください。

10

この記事に含まれる情報は参照の目的だけに提供され、医師あるいは他の有資格の専門家によるアドバイスの代用にはなりません。医師に相談することをお勧めします。

11

血小板減少症の症状と関連した記事をチェックしたい場合は、病気のジャンルから探すことができます。

コメント (1)

血小板減少症の症状に関してコメントを残す

あなたは記事をどう思いましたか?
1件のコメント
星野 仁美
先日、職場で一般採血してもらい 血小板7000でひっかかり それと溶血(+)とでてました。 これって検査した方がいいのでしょうか?

血小板減少症の症状
血小板減少症の症状