シェア
シェア:

口内炎を治す方法

やり方
評価: 5 (3票)
1シェア
 
口内炎を治す方法
画像: fentpoble.blogspot.com.es

口内炎は本当にやっかいなものですよね。口の中にでき、特にほっぺたの近くにできます。または唇や舌にできることもあります。摩擦や噛んでしまったり、感染、ホルモンバランスの崩れ、栄養バランスの崩れや免疫力の低下などが原因です。時にはひどく痛む時もありますね。こちらではどうやって治すか紹介していきます。

こちらもオススメ: 舌にできた口内炎を治す方法
1

は安くて効果的な消毒剤です。 また自然的な方法で治療に役立ちます。小さいスプーンいっぱいをぬるま湯、コップ半分に入れ、うがいします。特に口内炎のある場所を意識してしましょう。その後水を吐き出します。

これに一日に3回行うと、少しずつよくなっていくと思います。

2

家庭でできるほかの方法は、 重炭酸ソーダを使う方法です。塩と同じ作用があります。同じように水にこれを溶かし、うがいします。または、それを直接口内炎にぬってもいいです。少し水を加え、パスタ状になるまで混ぜ、それから直接塗りましょう。一日3回するといいでしょう。

3

酸化水もとてもよく効きます。コットンを用意し、これをしみこませます。それを直接口内炎につけましょう。これを1日三回やってください。これで痛みも減り、感染予防にもなります。

4

マウスウォシュもいいです。効果がすぐ現れ、バクテリア予防にもいいです。

5

これらの方法で少しずつよくなると思いますが、それでもよくならないなら、痛いところに氷をなめてあてるのもいいです。氷は腫れを押さえ、痛みを和らげますから、これを1日に何度もしてみてください。

イブプロフェンのような鎮痛剤も痛みにはいいです。処方箋にしたがって、口から摂取してください。

6

ヨーグルトも効果があります。これには乳酸やバクテリアが入っていますが、口の中のPHをコントロールし、バクテリアにも効きます。よく口内炎が痛む人には日ごろからヨーグルトを食べるのをお勧めします。

またコットンにヨーグルトをつけて、口内炎へ塗るのもいいです。どんな制酸薬でも効果があります。

7

電気歯ブラシなどの摩擦で口内炎ができることもあります。しかし何度も口内炎ができる場合は、医者に行くのがいいでしょう。どうしてなのか原因を探る必要があります。もしかしたら他の病気、ウイルス、腸の疾患などの前兆かもしれません。

8

これ以上口内炎が大きくならないように食事にも気をつけましょう。こちらでは、口内炎ができたら何を食べたらいいかを紹介しています。

こちらでは口内炎にならないようにするにはどうしたらいいか、説明しています。

9

この記事に含まれる情報は参照の目的だけに提供され、医師あるいは他の有資格の専門家によるアドバイスの代用にはなりません。医師に相談することをお勧めします。

口内炎を治す方法のようなハウツー記事をもっと読む場合は「家庭医学」のジャンルページからアクセスすることができます。.

関連記事
コメント (0)

口内炎を治す方法の記事にコメントを書く

すごく役に立った

口内炎を治す方法
画像: fentpoble.blogspot.com.es
61
口内炎を治す方法