シェア

咽頭がんの初期症状

投稿者 Tanaka Ayako. 更新された: 16 1月 2017
咽頭がんの初期症状

咽頭がんはよく知られるがんのひとつです。早期に発見すれば治癒率は90%といわれていますが、多くの場合、発見は遅れがちです。ですから、咽頭がんについてよく知り、このがんの症状や原因を知ることはとても大切なのです。ここでは、咽頭がんの初期症状と基本的な情報ついて説明します。

従う手順:
1

咽頭がんは咽頭で発症し、声帯、喉頭、食道、首の下の部分等にまで広がる恐れがあります。一旦これらの部位に現われ他の臓器にまで広がると、発見がさらに難しくなってきます。ですから、このがんを早く発見し、進行を食い止めることが必要なのです。

2

咽頭がんを引き起こす大きな原因としては、生活習慣と生活環境が挙げられます。特に、過度な喫煙・噛みタバコ・飲酒が決定的なものといえるのですが、さらに、ヒトパピローマウィルス(VPH、ヒト乳頭腫ウィルスとも言われます)もこのがんの原因のひとつです。特にオーラルセックスによるこのウィルスの感染が顕著な原因として挙げられます。

3

咽頭がん患者の大部分は、50歳以上の男性です。喫煙をやめ、アルコール摂取を制限し、健康的なダイエットをし、オーラルセックス時にはコンドームを使うことが、この病気の予防としておすすめすることです。また、喫煙者でもそうでなくても(受動喫煙している場合があります)、年に一度は健康診断を受けることをオススメします。

4

咽頭がんの初期症状としては、以下が挙げられます。

・声が出なくなる、または声がかすれ、、1~2週間なにかしらの治療をしても治らない。

・喉の痛みがあり、薬を飲んで1、2週間経っても治らない。

・首に痛み、違和感があり、触るとしこりがある。

・咳をしたときに時々血が出る。

・息をするときに喉から変な音が出る。また、息をするのにとても疲れる。

・食べ物を飲み込むのが辛く、体重が減る(病気が進行している場合)。

5

咽頭がんの症例の多くは、早期発見できなかったことから治療が複雑化してしまう場合が多いのです。ですから、がんを引き起こす原因を減らし、無くすことがとても大事になってきます。年に一度は健康診断を受け、どんな些細なことでもがんの疑いのある症状が現われたらすぐに病院に行くことが大切です。

まずは喫煙をやめることで、このがんが発生するリスクを減らします。健康を手に入れるためにはまずタバコとさよならするべきでしょう。

この記事に含まれる情報は参照の目的だけに提供され、医師あるいは他の有資格の専門家によるアドバイスの代用にはなりません。医師に相談することをお勧めします。

咽頭がんの初期症状と関連した記事をチェックしたい場合は、病気のジャンルから探すことができます。

アドバイス
  • 喉の違和感や不快感が1週間以上続く場合には、病院で診察を受けることが大事です。
  • 咽頭がんにみられる症状は、首に起こる他の病気の前兆である可能性もありますから(炎症や化膿等)、専門家の診断を仰ぐことが大事です。

咽頭がんの初期症状に関してコメントを残す

あなたは記事をどう思いましたか?

咽頭がんの初期症状
咽頭がんの初期症状

トップに戻る