シェア
シェア:

血小板を増やす食べもの

工程
評価: 4.9 (54票)
2シェア
 
血小板を増やす食べもの

血小板の働きはとても大切です。血を凝結する役割りがあります。 普通血小板の数は150.000 から 450.000といわれています。血小板が減るというのは深刻な問題で、食事療法でそれを増やすことも可能です。こちらではそれについて紹介します。

こちらもオススメ: 血小板減少での対処方法
工程:
1

血小板の減少は深刻な問題です。脾臓病、デング熱、溶血性貧血やビタミンK不足などを引き起こすこともあります。もっと深刻なのは白血病、化学療法をしないといけないような病です。大切なのは血小板を正常値に維持することです。

2

血小板が減った場合、食事を改善するのはいいことでしょう。大切なのは、白血病のように深刻な病気は食事を変えてもあまり意味がないですが、デング熱や他の病の場合、食事の改善は大切なことです。

3

血小板にはビタミンやミネラルが豊富に入ったものがいいです。それは体にいい影響を与え、健康にしてくれます。反対にジャンクフード、甘いもの、ケーキは避け、野菜やフルーツを食べるようにしましょう。血小板を増やす効果があります。

4

血小板を増やすのに鉄分をとるのも大切です。血小板が減ると疲れやすかったり、眠れなくなります。ほうれん草、豆類、赤ピーマン、レバー、グアバなどを食べるようにするといいでしょう。

5

にんじん、セロリ、ビートなどは血小板を増やすのにいいと言われています。一番いい食べ方はサラダにして生で食べることです。そうすることでビタミンを最大限摂取できます。しかしデング熱など深刻な病には、スープにしたり、野菜のクリームにして食べるのがいいでしょう。

6

血小板にはニンニクもいいです。ニンニクスープを準備し、セロリや人参など野菜クリームを混ぜ、食べてみてください。しかし一番いいのは生でニンニクを食べることです。それについてはこちらで説明しています。

7

ビタミンCも血小板にとてもいいです。例えば、キューイ、イチゴ、オレンジ、レモンなどのフルーツからとれます。一番いいのはジュースにして飲むことです。

8

血小板が減っていると検査の結果で分かったら、すぐに医師に相談に、その原因を調べるのがいいでしょう。

また、血小板の知識を深める場合にはこちらの記事も併せてお読みください。

9

この記事に含まれる情報は参照の目的だけに提供され、医師あるいは他の有資格の専門家によるアドバイスの代用にはなりません。医師に相談することをお勧めします。

10

血小板を増やす食べものと関連した記事をチェックしたい場合は、病気のジャンルから探すことができます。

コメント (0)

血小板を増やす食べものに関してコメントを残す

あなたは記事をどう思いましたか?

血小板を増やす食べもの
51
血小板を増やす食べもの