シェア
シェア:

病気のサイン?舌が白い原因と考えられる病気

 
病気のサイン?舌が白い原因と考えられる病気

食べ物を食べたり、言葉をしゃべったりするのに欠かせない器官、それが舌です。「舌は内臓の鏡」と言われており、舌には体の中の状況を知らせてくれるサイン機能もあると言われています。舌をみることで、体の中で何が起きているのかを把握できるとも言われているのです。当たり前に感じている舌の存在ですから、普段意識して舌を観察される方は少ないと思います。しかし、歯磨きのときなどに、自分の舌が目にはいるときがあります。そんなときに見る舌が白くなっていたらどうでしょう?普通はピンク色ですから、一見するとただのヨゴレ?と思ってしまいますよね。でもただのヨゴレが白いでしょうか?黄色っぽいならまだ分かります。しかし、真っ白ですから他を疑ってしまいますよね。もしかしたら、何か深刻な病気が隠れているのかもしれません。そこで今回は舌が白い原因と、そこから考えられる病気について見ていきたいと思います。

出典:free-fortune.jp

こちらもオススメ: 舌苔ができる原因

舌が白い原因

舌の表面のこの白い付着物の正体は、舌苔(ぜったい)というもので、食べかすや口の中の粘膜、舌の表皮などから出るたんぱく質が細菌感染したものです。この舌苔が舌の表面にある突起物に付着することで白く見えます。このじょうたいのまま放置しておくと、口臭の原因にもなるため、気付いたら早めの対策が必要です。また、対策をとらずにさらに放置していると、悪化をし、口腔内がさらに不衛生になり、最悪の場合、口腔がん(舌がん)の原因になってしまうこともあります。その他の原因としては、身体の疲れやストレスから抵抗力が低下して、口腔内の細菌活動が活発になったり、胃腸が悪い時も口腔内との関係性から症状が現れることがあります。風邪を引いていて身体の免疫力が低下している時や、暴飲暴食をした時などに、それらが原因で舌が白くなることがあります。

白い舌から考えられる病気

舌が白くなることはさほど珍しいことではなく、舌や口腔内を清潔に保てば問題はありません。しかし、舌はその時の健康状態を表すバロメーターのようなものでもありますので、病気を罹っている時に出る症状でもあります。このような場合に考えられる病気としては、子供に多い溶連菌感染症と口腔カンジダ症が挙げられます。溶連菌はイチゴ舌になることで有名ですが、舌が白くなることもあります。また、カンジダはカビの一種なのですが、これが口腔内で増殖して舌が白くなることがあります。特に子どもなどは手や足はもちろんのこと、オモチャなどいろいろなものを口にしてしまうため、いろいろな細菌に感染しやすい環境に置かれています。病的な原因でなければ、十分な休養と適切な食生活、舌と口腔内を綺麗にすることで改善していきますが、それでも治らない場合は、これらの病気の可能性が考えられますので、気づいた段階で早めに専門の医療機関を受診するようにしましょう。

まとめ

以上、舌が白い原因と、そこから考えられる病気について見てきました。いかがだったでしょうか。単なるヨゴレであれば、心配要らないのですが、病気に起因する症状であった場合は注意が必要です。見た目もあまりよいものではありませんので、最近舌が白いなぁ‥と感じてきた方は是非早めに専門の医療機関を受診するようにしましょう。

この記事に含まれる情報は参照の目的だけに提供され、医師あるいは他の有資格の専門家によるアドバイスの代用にはなりません。医師に相談することをお勧めします。

病気のサイン?舌が白い原因と考えられる病気と関連した記事をチェックしたい場合は、家庭医学のジャンルから探すことができます。

コメント (0)

病気のサイン?舌が白い原因と考えられる病気に関してコメントを残す

あなたは記事をどう思いましたか?

病気のサイン?舌が白い原因と考えられる病気
病気のサイン?舌が白い原因と考えられる病気