menu
シェア

めばちこができる理由

投稿者 福山真子. 更新された: 16 1月 2017
めばちこができる理由
画像: vivirsalud.imujer.com

めばちこは まぶたの上や下にできる、できものです。ものもらいとしても知られています。これは脂肪の塊で、できるとかゆくていやですよね。これは伝染するものなので、気をつけてください。なので、めばちこができたいためには、どうしたらいいか知りたいですよね。こちらではそれを説明します。

こちらもオススメ: 閃輝暗点の原因と対処法
従う手順:
1

めばちこは、バクテリアの侵入によってできるものです。目のまぶたの内側や外側にもでき、痛かったりかゆかったりします。

2

普通めばちこは、バクテリアによって、皮膚の上に出来てしまい、葡萄球炎のようなものです。これを予防するのは難しく、症状が出たときにはもう感染してしまっている状態です。

めばちこができる理由 - ステップ2
3

めばちこは、まぶたの小胞が感染することで、目の外側にできます。これが涙腺に感染すると内側にできます。

4

このまぶたの腫れは、皮膚炎を引き起こすこともあります。子供などは目ヤニをこすることで、そこが感染し、目ばちこができることがあります。

めばちこができる理由 - ステップ4
5

まぶたを汚い手でひっかきすぎることで、めばちこはできる可能性は高いですが、これだけが原因というわけではないです。また目の周りを清潔にしていないとこうなります。バクテリアがこういうのを好むからです。

6

たいてい一週間くらいでめばちこは治ります。しかし長くつづくこともあります。何度もめばちこが出来る場合は、免疫力が低下していて、どこか体が調子悪いかもしれません。またこれは、糖尿病の症状でもあると言われています。

7

めばちこのかたは、こちらを読んでみてください。役に立つと思います。

しかし何度もめばちこができる場合は、医者に行き検査するのがいいでしょう。

この記事に含まれる情報は参照の目的だけに提供され、医師あるいは他の有資格の専門家によるアドバイスの代用にはなりません。医師に相談することをお勧めします。

めばちこができる理由と関連した記事をチェックしたい場合は、病気のジャンルから探すことができます。

の記事にコメントを書く

あなたは記事をどう思いましたか?

めばちこができる理由
画像: vivirsalud.imujer.com
31
めばちこができる理由

トップに戻る