menu
シェア

黄色い便の意味、原因と病気のサイン

投稿者 福山真子. 更新された: 16 1月 2017
黄色い便の意味、原因と病気のサイン

口から入れた固形物、液体は便となって体外に出されます。そして、消化しても体内に取り入れられず、余ったものが体外に出されるんです。特に黄色い便消化不良で起こるものだと言われています。ですから、もしそのような症状の便が出た場合、黄色い便の原因を突き止めるためにも、病院で診察を受ける必要があります。多くの場合は、消化不良やバクテリアなどが原因だと言われることでしょう。

Hohoron.comでは、今回大人と子供の黄色い便について説明し、また、その対処法も紹介します。

黄色い便の原因

黄色い便が出たら、何かに感染しているかもしれません。何か寄生虫が体内にいることで、ひどい下痢黄色い便を作り出すんです。原因として考えられる事は、特殊な性行為をすることでの感染などが上げられます。しかし、原因は他にもいろいろと考えられます。例えば、ギルバート症候群と言うものです。この病気は血液中にビリルビンが大量にあると起きるものです。

特に大人の場合胆管炎黄疸肝臓炎など、黄色い便の原因は様々です。また、これらの病気はセリアック病とも関係しています。これは遺伝的なものでもあります。胆管炎や、胆管の腫れ、または必要な栄養がしっかりと体内に吸収されていなかったり、消化不良などが油を含んだ黄色い便の原因と考えられます。

子供の場合黄色い便の原因となるものは肝炎が上げられます。

黄色い便の意味、原因と病気のサイン - 黄色い便の原因

黄色い便の対処法

こちらのリストをご覧ください。栄養があるだけではなく、自然療法で黄色い便を治せます。

  • アロエ
  • イオウ配合:下痢だけではなく、ニキビやあせもにも効果があると言われています。
  • ハズという植物: これは腸に効き、下痢を和らげます。
  • ポドフィルムという(メギ科の多年草)植物
  • Borax: 子供の下痢に効きます。現在、医学的には認められていませんが、色々な病気に効くと昔から言われています。
黄色い便の意味、原因と病気のサイン - 黄色い便の対処法

黄色い便の対処・治療法

黄色い便の対処法は診断される病気(原因)によって全く異なります。黄色い便は、何らかの病気の症状の現れですので、医者の診察を受け、何の病気が原因なのかを知った上で、適切な対処法を施すのがいいでしょう。

最後に

いかがでしたか?黄色い便が気になる場合は、出来るだけ早く病院で受診をして下さいね!Hohoron.comでは、他にもからだに関しての記事を豊富に紹介しています。興味のある記事があれば、以下のリンクから読み進めてみて下さいね。

この記事に含まれる情報は参照の目的だけに提供され、医師あるいは他の有資格の専門家によるアドバイスの代用にはなりません。医師に相談することをお勧めします。

黄色い便の意味、原因と病気のサインと関連した記事をチェックしたい場合は、病気のジャンルから探すことができます。

アドバイス
  • 便の色、形、べたつきなどに違和感を感じたらすぐ医者に行きましょう。

の記事にコメントを書く

あなたは記事をどう思いましたか?

黄色い便の意味、原因と病気のサイン
31
黄色い便の意味、原因と病気のサイン

トップに戻る