シェア
シェア:

どうしたらいいの?寝違いでの首の痛みをすぐに治す方法

どうしたらいいの?寝違いでの首の痛みをすぐに治す方法

あなたは寝違いをして首を痛めてしまったことはないでしょうか。恐らく誰しもが1回はこんな経験があるのではないでしょうか。私は何度かそんな経験をしたことがあり、その翌日首の調子が悪くて、なんだか仕事にも集中できなかったような記憶があります。皆さんも恐らくこれと似たような経験をして、どうしたら寝違いで痛めた首を治したらいいの?と考えたことはありませんか。そんな方の人たちのためにこちらの記事を書きました。「寝違いでの首の痛みをすぐに治す方法 」を簡単にお教えしましょう。あなたももう5分後にはその改善法を知ることができますよ。

画像:lalabiko.com

マッサージ

寝違えて首を痛めてしまった時、もちろん首が痛いんですから首に問題があると考えるのは普通ですよね。実は違うんです。知っていましたか。実はなんと問題は首にあるのではありません。ではどこに問題があるのでしょうか。皆さんも想像して考えてみて下さい。実はその原因は首ではなくわきの下にあるそうなんです!これは驚きですね。私もずっと首が痛いんだから首をなんとかしないと、と思っていましたが、何とかしなければいけない場所はわきの下だったんです。首からずいぶん離れていますが原因はわきの下にあるんですよ。

寝違いでの首の痛みをすぐに治す方法は色々ありますが、まずはここではマッサージをオススメします。ですからわきの下をマッサージしてあげてください。伸ばしたり、押したりしてマッサージしてもんであげたりして、血行をよくすることが大切です。その詳しいやり方についてはYoutubeなどを見ていただくと正しいマッサージに仕方を紹介しているので参考にするといいでしょう。

またマッサージする時は普通に部屋でやってもいいですが、暖かいお風呂の中でやるのも効果があっていいそうです。

ストレッチ

寝違えてしまって首を痛めた時に対処方法は色々ありますが、次はストレッチで治す方法をご紹介しましょう。もちろストレッチする場所は首ではありません。どうしても寝違えた時は誰しもが首を前にしたり、後ろにしたり、左右にしたりして何とか治そうとストレッチ運動しますよね?それが実は間違っていたということです。首をゴリゴリと動かしても意味がありません。やるならわきの下をしましょう。まずはわきをぎゅっときつくしめてください。それからはなしてください。それを繰り返します。また肩もストレッチしましょう。肩を上げたり、下ろしたり、肩をすくめるような姿勢を取ったり、リラックスしながらストレッチすることが大切です。それから腕のストレッチもするといいでしょう。

このように色々な場所をストレッチをする際、無理なストレッチはやめましょう。さらに悪化させてしまう可能性があるからです。痛みを感じないストレッチをしてください。つまり痛みを感じたらすぐにストップしてください。詳しいストレッチのやり方についてはYoutubeなどを見て参考にするといいですよ。

これで治る!

大体このどちらかのストレッチやマッサージの方法をしばらく続けると寝違いによる首の痛みはなくなると思います。これは急性的なもので慢性的ではないですから長くても7日以内に治るでしょう。さらに痛みがひどくなったり悪化しているように感じたらすぐに医者に見てもらうことをオススメします。

何よりも無理せず安定にしておくことも大切です。そのうち忘れて痛みもなくなってしまうのではないでしょうか。

どうやったら寝違えない?

ではこちらでは、「どうやったら寝違えないで寝れるか」についてお話しましょう。そもそも寝違えてしまうのには色々な原因が考えられますがその中でも最も多い原因というのは恐らく枕の高さが問題になっていると思います。あなたは自分にあった枕の高さを知っていますか。自分にあっていると思って何となく使っている枕が実はあなたにあっていないかもしれませんよ。この枕の高さがあっていないことが原因で首を寝違えてしまうことはよくあるんです。ですから自分にあった、ふさわしい枕を使って寝てください。

では自分にあった枕とは一体何なんでしょうか。これは実は寝具屋さんとか家具屋さんのベッドコーナーなどにいけばあなたにあったふさわしい枕を紹介してくれると思いますよ。ですから枕の高さが心配だったらこのような店に行って直接相談してみて下さい。あなたにあった高さの枕で快適に寝ましょう。そうすると寝違えることはないと思います。

運動不足が原因?

寝違えてしまうというのは運動不足と関係しているようです。ですから普段からよく歩いたり、ジムに行ったり、適度な運動をしていると寝違えることはあまりないようですから、あなたも極力それを心がけてみてください。また体が柔らかい子供も寝違えることはあまりありません。ですからあなたも普段から体を柔らかくしておくことが大切です。そのためにヨガは本当にオススメです。ヨガでも色々な種類がありますが、どんなヨガでも効果的です。

お風呂

お風呂に入って体を温めておくことも、寝違いにならないために効果的な方法ですよ。ですから寝る前にゆっくりお風呂に入って体をしっかり温めておきましょう。そうすることで骨も神経も硬直しなくなり、寝ている間に寝違えることもかなりの確立で減ると思います。お風呂に入る時は半身浴でも肩までお湯に浸かってもどちらでもいいですが、しっかりと全身を温める必要があります。半身浴だと全身が温まるまで時間がかかりますから、時間が無い人は、ざぶーんと一気に肩までお湯に浸かるのがいいではないでしょうか。こうして体を温めて肩まで布団をしっかりかけて寝れば、翌朝目覚めた時に首が痛いということは起きないと思います。

ここで書いたように肩までしっかり布団や毛布をかけて寝ることも非常に大切なので覚えておいてください。特に冬に肩を冷やしてしまうのはよくないですから、その点、意識して寝るといいでしょう。

まとめ

以上のように寝違えてしまって首を痛めた時の対処法をいくつか説明してきましたがいかがだったでしょうか。これであなたも次、首を寝違えて痛めてしまっても、もう大丈夫ですね。また寝違えてこうなってしまわないように、日頃から何に気をつけて、何をしたらいいのかも、おわかりになったことと思います。是非これを頭においておいてほしいと思います。

しかしながら痛みが1週間たっても引かない場合や、痛みがどんどん激しくなる場合などは医者にみてもらうようにしましょう。何か深刻な問題が起きている可能性もあります。心配ですから専門医の指示に従いましょう。

この記事に含まれる情報は参照の目的だけに提供され、医師あるいは他の有資格の専門家によるアドバイスの代用にはなりません。医師に相談することをお勧めします。

どうしたらいいの?寝違いでの首の痛みをすぐに治す方法と関連した記事をチェックしたい場合は、家庭医学のジャンルから探すことができます。

コメント (0)

どうしたらいいの?寝違いでの首の痛みをすぐに治す方法に関してコメントを残す

あなたは記事をどう思いましたか?

どうしたらいいの?寝違いでの首の痛みをすぐに治す方法
どうしたらいいの?寝違いでの首の痛みをすぐに治す方法