シェア
シェア:

子供にあせもができるメカニズムと対処法

工程
 
子供にあせもができるメカニズムと対処法

夏場の暑い時期になるとよく悩まされるあせも‥。痒くてかまりませんが、掻いてしまうとひどくなりますので本当に厄介ですよね。かゆみを伴う小さな赤いブツブツができて、乳幼児や小さなお子さんによくみられる症状ですが、汗をたくさんかく夏の季節は大人でも油断はできません。掻き壊して化膿したりすると治りにくくなることもありますので、ほかの湿疹・皮膚炎と同じように早期に適切な治療を行うことが大切です。そのためにはなぜあせもになってしまうのか、その原因をしっかりと把握しておくことがまず必要になります。そこで今回は、あせもができる原因と治し方について見ていきたいと思います。

出典:hadalove.jp

こちらもオススメ: あせもができる原因と治し方
従う手順:
1

あせもができてしまう大きな原因は、大量に汗をかいたときに、汗が皮膚の中にたまってしまうことです。汗は、汗管という管状の腺から分泌される体液です。汗腺があるのは皮膚の真皮の奥深くで、そこから汗管という汗の通路が伸び、体の表面のある汗孔と呼ばれる出口に通じています。たまった汗は、皮膚の下にある汗管の周りの組織に漏れ出し、水ぶくれが生じたり、炎症を起こして、かゆみを伴う赤いブツブツができたりするのです。ゆえに、たまった汗が原因ということになります。原因が、汗をためてしまうことですから、清潔なタオルでこまめに汗を拭き取り、極力汗がたまらないような状態をつくるというのが、あせもの根本的な治し方になりますね。

出典:iku-share.jp

2

効果的にあせもを治していくためには、あせものできやすい場所を把握し、優先的にケアしていく必要があります。できやすい場所としては、頭、額、首、肘の内側、脚の付け根やお尻、膝の裏側など汗が乾きにくい部分です。乳幼児の場合はおむつで覆われている部分も、要注意ゾーンですね。これらの場所は夏以外でも蒸れて汗をかく場合もありますので、そのときに適切なケアをしていないと、あせもの原因となってしまいます。また、それ以外にも湿布や包帯、ギプス、絆創膏、通気性の低い衣類の着用なども、汗管がつまりやすくなるためあせもができやすい原因となりますので、これらを避けることとも有効な治し方の一つです。

出典:userdisk.webry.biglobe.ne.jp

3

症状の軽いあせもの場合は、汗をためないような適切なスキンケアを行っていれば自然に治ります。しかし、紅色汗疹のように炎症を伴うような場合は、スキンケアに加え、塗り薬による治療を行います。紅色汗疹は炎症の起きている湿疹ですから、ステロイド外用剤を使って治療していきます。赤いブツブツができているところにやさしく薄くのばして塗布してください。抗炎症作用のあるステロイド外用剤によって、炎症が治まるとともにかゆみも和らぎ、心理的なストレスも軽減され、掻き壊しを防ぐことができます。子供などの場合は、掻かなよいうに注意して言い聞かせても、どうしても掻いてしまいます。子供の掻き壊しはとびひの原因となってしまいますので、このように炎症を抑えて痒みを鎮めてくれる外用薬が非常に有効となるのです。周りの大人が十分に注意して、ケアをするようにしましょう。

出典:medical-engine.com

4

以上、あせもができる原因と治し方について見てきました。いかがだったでしょうか。原因は皮膚にたまった汗です。これがたまらないようにケアをすることで、あせもは効果的に治すこともできますし、予防することもできます。痒みや炎症を伴う状態の場合には、ステロイド外用薬を使い、炎症を抑えて痒みを和らげる治療をしていきます。ただし、ステロイドには副作用があり、特に小さなお子さんにとっては、使用が適さない場合もありますので十分な注意が必要です。ステロイド外用剤の使用は1週間以内にとどめ、皮膚に塗る範囲も決められた以上に広く塗らないなど、使用上の注意をよく守るようにしましょう。5~6日使用しても症状が改善しないときは、早めに皮膚科を受診するようにしましょう。

この記事に含まれる情報は参照の目的だけに提供され、医師あるいは他の有資格の専門家によるアドバイスの代用にはなりません。医師に相談することをお勧めします。

子供にあせもができるメカニズムと対処法と関連した記事をチェックしたい場合は、家庭医学のジャンルから探すことができます。

コメント (0)

子供にあせもができるメカニズムと対処法に関してコメントを残す

あなたは記事をどう思いましたか?

子供にあせもができるメカニズムと対処法
41
子供にあせもができるメカニズムと対処法