シェア
シェア:

なかなか聞けないけど聞きたい!デリケートゾーンのかゆみの原因

なかなか聞けないけど聞きたい!デリケートゾーンのかゆみの原因

男性でも女性でもデリケートゾーンがかゆくて困るなんてことはありませんか。万が一、そうであったとしてもなかなか家族や友達には聞けないし、病院に行くのも恥ずかしいしなどと困っている人も意外と多いことでしょう。そんな方のためにこちらの記事を書きました。今回のテーマは「なかなか聞けないけど聞きたい!デリケートゾーンのかゆみの原因」ということで特に女性のデリケートゾーンについて解説していきたいと思います。興味がある方は是非読んでみてください。

画像:アラフォー.com

こちらもオススメ: 血圧の正常値・適正値

不衛生

まず一番に考えられるデリケートゾーンのかゆみは何とっても不衛生でしょう。不衛生にしているとどうしてもかゆみが発生してきます。ですから毎日、お風呂かシャワーに入り、新しいパンツに履き替え、清潔にしていましょう。たった1日くらい面倒だからいいやと思ってしまう日もあるでしょう。でもそれが本当によくないんです。1日でもよくないんです。それを怠けてしまうとあとで大変なことになります。大変なことは何かというと皮膚が荒れて、かゆくなってしまうんです。それが始まると治すのに非常に時間がかかってしまいます。ですから大切なのはそうならないように、その前の予防が非常に大切なんです。いつでも清潔にしているようにしましょう。

肌に合わない石鹸やボディーソープ

もしかしたらあなたのかゆみの原因は肌に合わない石鹸のせいかもしれません。その石鹸やボディーソープで体を洗っていて、他の場所、例えば腕、足、腰、背中など異常が現れていませんか。かゆみや乾燥しているなどの何らかの異常があるなら、もしかしたらそれはあなたの肌に合っていない石鹸かもしれませんよ。

しかしながら、こんなことも考えられます。例えば腕、足、腰、背中などに異常が出ていなくても同じ石鹸やボディーソープでデリケートゾーンにだけ異常が現れかゆみが発生することもあるんです。そう、この場所は名前の通りデリケートな場所なんです。ですから少しだけの刺激にも過敏に反応して荒れてしまったり、かゆくなったりすることがあるんです。

ですから清潔にしているのにおかしいな、どうしてかゆみが出てきたんだろうと思う方はまず使っている石鹸やボディーソープを疑ってみて下さい。何かあなたの肌に合わない成分が含まれているのかもしれません。もしかしたら何らかの成分にアレルギー反応が出ているのかもしれません。ですから試しに石鹸やボディーソープを変えてみてください。そうしたらかゆみも消えるかもしれません。気になる方は医者に行けばアレルギーテストも受けられるので行ってみて下さい。

肌に合わないパンツ

もしかしたら肌に合っていないのは石鹸やボディーソープじゃなくて、パンツかもしれませんよ。時々パンツが当たってすれてしまって痛くてデリケートゾーンが荒れてしまうことがあるんです。パンツが小さすぎたり、何らかの事情で生地が肌に合わず、荒れてしまっているのかもしれません。自分は肌が強いほうだから大丈夫と油断せず、荒れてかゆくなっているようでしたら、パンツをいくつか変えてみてください。それでかゆみが解消されるかもしれません。

感染症

デリケートゾーンは汚れやすい場所なので感染症にかかっているからかゆみがあるということも考えられます。例えば膣トリコモナス原虫、カビ、大腸菌のようなばい菌が原因でかゆくなっているのかもしれません。ですからもしあなたも「私がそうかもしれない。心配だな」と心当たりがあるようでしたらすぐ病院にいってみてください。

確かに病院に行くのは少し抵抗があったり、恥ずかしいという思いもあることでしょう。それは当然です。しかしながら、よく病気のことを考えてみてください。ここで恥ずかしいと言っている場合ではないのです。病気だったら1日でも早く治療することが大切ですよね。あとになればなるほど治りにくくなるのは誰もがわかっていることでしょう。ですから清潔にしていてもかゆみがある、石鹸やパンツを変えてもかゆみがあるというようなことでしたら、心配ですからすぐに医者に行ってみてもらってください。何か検査で感染症が見つかるかもしれません。早めに対処すれば治るのも早くなりますよ。勇気を出して病院に行きましょう。

汗やムレ

この場所は意外と汗をかきやすいものです。ですからのせいでムレてしまうことも結構あるんですよ。だからこまめに汗をふくなり、パンツを取り替えるなりしましょう。

特にお風呂上り、ちゃんとふいてからパンツをはきましょう。濡れたまま服を着てしまうとさらに荒れて、かゆくなってしまうことがあります。ですからちゃんとふき取ってから清潔なパンツをはくのがいいでしょう。汗やこのような水滴はのちのちムレてかゆくなる原因です。当たり前のことですがこの点をしっかりするだけであなたのデリケートゾーンのかゆみもすぐになくなるかもしれませんよ。是非今日から実施してみてください。

夜中

かゆいと気がつかないうちにかいてしまうものですね。実はあなたも寝ている夜中のうちに無意識のまま、かゆくてかいているかもしれません。そうするとどんどん、どんどん荒れてかゆくなっていきます。そうです。これは本当によくない悪循環なんです。

もしかしたらかゆくて目が覚めてしまう人もいるかもしれません。これは重大な問題です。こうなってくるとかゆかったり、痛かったりして昼間の仕事にも支障が出てきます。かくと、さらにかゆくなるので危険です。このような問題がある人は医者に相談してみるのがいいでしょう。すると薬を処方されると思います。その薬を飲んだり、塗ったりすれば多少改善されると思います。誰でも早く治したいものですよね。そんな時はすぐに病院に行ってみましょう。早期なら治りも早いです。

夜中、かいてしまう癖を治す

夜中に無意識にかきむしってしまうのはよくあることです。寝ているうちにかいてしまって、その自分の行動で夜中に何回も目を覚ますという人もいるのではないでしょうか。そうすると寝つきが悪くなったりしたり、睡眠不足になったりしてさらによくないことが重なってしまったりするものです。これでは、大変ですね。

ですから夜中寝ている間にかきむしってしまわないようにするには、どうしたらいいんでしょうか。こちらでは1つの対策をご紹介しましょう。それは手袋をして寝ることです。ちょっと変だと思う人もいると思いますが、実はこれが意外と効果があるんです。夏だと手袋をするのは暑くてちょっと邪魔かと思いますが、冬だったら是非やってみてください。手袋をしていたら爪が出ていないのでかきむしることができないんです。それに手袋をしたままかきむしったところで爪が出ていないのでそんなに大きな傷跡が残らないんです。ですからこの方法は簡単で非常に効果があっていいと思いますよ。あなたも夜中、寝ている間にかきむしってしまう癖があるようなら、この方法を試してみてください。少しずつ傷はよくなっていくと思います。

まとめ

以上のように「なかなか聞けないけど聞きたい!デリケートゾーンのかゆみの原因」について記事を書いてきましたが、いかがだったでしょうか。これでかゆみの原因と対処法があなたもお分かりになったと思います。まずは不潔にしないこと、つまりいつも清潔にしているように心がけてください。清潔にしていたらまずは、このような問題は起こらないと思いますから。清潔にすることをいつも覚えておいてください。一度かゆくなってしまうと、それを治すのがどれだけ大変か、どれだけ時間がかかるか、本当に面倒なことになるのであなたも気をつけてください。

この記事に含まれる情報は参照の目的だけに提供され、医師あるいは他の有資格の専門家によるアドバイスの代用にはなりません。医師に相談することをお勧めします。

なかなか聞けないけど聞きたい!デリケートゾーンのかゆみの原因と関連した記事をチェックしたい場合は、病気のジャンルから探すことができます。

コメント (0)

なかなか聞けないけど聞きたい!デリケートゾーンのかゆみの原因に関してコメントを残す

あなたは記事をどう思いましたか?

なかなか聞けないけど聞きたい!デリケートゾーンのかゆみの原因
なかなか聞けないけど聞きたい!デリケートゾーンのかゆみの原因