シェア
シェア:

ビタミンEの効果

1シェア
 
ビタミンEの効果

ビタミンEは私たちの体内で大切な役割りを持っています。特に毒を外に出し、酸性脂肪を守る働きがあります。また病気にも効きます。命のビタミン、若さのビタミンとしても知られ、老化防止にもなります。また肌や頭にもいいものです。他にもビタミンEの効果はあります。こちらを読んでみてください。

こちらもオススメ: 朝鮮人参の効果と効能

毒素を出す

ビタミンEの一番大切な働きは、体内の細胞を守り、細胞組織が悪化するのを防いでくれます。なので若さを保つことができ、また肌の美しさを取り戻せます。アンチエージングにもなりますし、しわもこれで取れます。ビタミンEを食事で取ることもできますが、ビタミンEのカプセルを飲むのもいいです。また肌に直接ビタミンEを塗るのもいいでしょう。

感染から守る

ビタミンEは細胞の免疫力を高め感染から守る働きがあります。色々な病気から守ってくれます。以下の食べ物からビタミンEを取るといいでしょう。

  • オリーブオイル
  • 緑の葉の野菜(ブロッコリー、ほうれん草、フダンソウ)など
  • ドライフルーツ
  • キューイ、マンゴ、梅など
  • シリアル

こちらでビタミンEが豊富な食べ物をご覧になれます。

傷を癒す

ビタミンE は傷にも良く効きます。コラーゲンなどを作り、特にやけどにはいいです。日焼けをしすぎてしまった場合、ビタミンE はいいですが、日焼け止めクリームも効果的です。

予防

ビタミンEは神経や筋肉や心臓血管システムなどを守る役割もあります。また赤血球の働きを活性化し、体内でビタミンAを吸収するという大切な動きをしてくれます。また私たちの細胞はビタミンEを使って、細胞も大切な働きをします。

体内の器官への影響

体内のある器官はビタミンEが非常に有効な働きをします。たとえば、肺ではタバコの煙を減らす働きをしてくれます。肝臓では、アルコールの毒素を減らす働きを、心臓では、高コレステロールや血圧を正常にしてくれます。また脳では、細胞の再生に役立ちます。

ビタミンEの効果

その上、ビタミンEは利尿にも役立ちだます。体内の循環や痙攣に問題があるかたには、これはいいでしょう。それから糖尿病の人にもいいです。これで血糖値を正常にできます。しかし、血友病の人や他に薬を飲んでいる人はビタミンEの摂取に気をつけましょう。

この記事に含まれる情報は参照の目的だけに提供され、医師あるいは他の有資格の専門家によるアドバイスの代用にはなりません。医師に相談することをお勧めします。

ビタミンEの効果と関連した記事をチェックしたい場合は、のジャンルから探すことができます。

アドバイス
  • バランスのよい食事をしましょう
  • どれか1つのビタミンを取りすぎるのはやめましょう。それは体に悪いです。
コメント (0)

ビタミンEの効果に関してコメントを残す

あなたは記事をどう思いましたか?

ビタミンEの効果
71
ビタミンEの効果