シェア
シェア:

内臓脂肪を効果的に落とす方法

やり方
 
内臓脂肪を効果的に落とす方法

最近何かと「メタボメタボ」という言葉を耳にします。そもそもメタボとは何かと言うと、メタボリックシンドロームの略です。メタボリックシンドロームとは、内臓脂肪症候群のことですから、健康診断や検査で「あなたはメタボですね‥」と言われた場合は内臓脂肪に異常があるんだなと理解しましょう。ウエストが規定値を超えた場合はメタボの可能性が指摘されますので、中年男性に多いぽっこりお腹の場合は要注意です。ぽっこりお腹だからといって100%メタボというわけではありませんが、確実に高い可能性を持っているメタボ予備軍と言えるでしょう。心臓などの臓器に深刻な影響を及ぼしかねない内臓脂肪ですから、是非効果的に落としたいですよね。そこで今回は、内臓脂肪を効果的に落とす方法について見ていきたいと思います。

出典:cdn.slism.jp

1

効果的に落とす方法を考えるには、まずなぜ内臓脂肪がついてしまうのか、その原因について把握しておく必要があります。内臓脂肪がつく主な原因は食事にあります。現代の日本人の食事は、それまで食べられていた低カロリーの和食から、脂質や糖質の多い欧米食が主流になっており、この食生活の変化こそが、内臓脂肪が増えてしまう一番の原因となっています。ハンバーガーやピザ、ポテトなどは高カロリーな食べ物の代表と言えますが、外食産業が発展し24時間どこでもすぐに食べ物が手に入るコンビニやファストフードの進出で、このような食べ物は好きな時に食べることができます。脂質の多い食事をすると、必要な分はエネルギーとなって消費されますが、余った分は脂肪となって蓄えられます。この時、余った脂肪は肝臓を始めとした内臓に貯蓄されることから、内臓脂肪が増えてしまうのです。

出典:1000nenkouso.com

2

皮下脂肪は毎月積み立てられて溜まったものであるため、落とすのは容易ではありません。女性がなかなか痩せにくいというのはこのためです。一方で、内臓脂肪は出し入れに比較的自由が効きますので、頑張れば楽に脂肪を落とすことができます。そんな内臓脂肪を落とすのに、最も効果的と言われているのが有酸素運動です。有酸素運動とは、酸素を多く取り込む運動のことで、ウォーキングやジョギング、水泳、エアロビクスダンスなどが代表的なものです。有酸素運動をすると、まずは筋肉に蓄えられているグリコーゲンがエネルギーとして消費され、次に脂肪が使われますが、この時皮下脂肪よりも内臓脂肪の方が代謝が活発のため、優先的に使われるのです。まずは、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動から始めるようにしましょう。

出典:health-and-beauty-site.com

3

筋肉を増やせば代謝エネルギー量が増えますから痩せる効果は確かにあります。しかし、だからといって筋トレだけをしていても効果的に脂肪を落とすことはできません。筋トレよりもランニングなどの有酸素運動の方が脂肪を落としやすいからです。しかし、筋トレの種類によっては、有酸素運動と組み合わせることにより、効果的に脂肪を落とすことができます。例えばスクワットです。スクワットをしたあとに、そのままランニングをするといった組み合わせです。筋トレで筋肉を刺激したあと、そのまま有酸素運動をすることで、効果的な脂肪燃焼が期待できます。スクワット以外にも、腹筋を鍛える筋トレも効果的です。

出典:https://rr.img.naver.jp

4

運動以外にも内臓脂肪を効果的に落とす方法があります。それは食事です。食事内容を見直すことでも、効果的に脂肪を落とすことが可能です。脂肪を減らす食事というと、食べる量を少なくすることがすぐ思いつきますが、体に必要な栄養が不足すると筋肉の低下を招き、返って脂肪を溜めこみやすい体になってしまいます。そのため、量を減らすことよりも、様々な栄養をバランスよく摂ることがとても大切になります。その上で、お腹いっぱい食べることはせず、腹7~8分目に抑えるのがよいです。内臓脂肪を効果的に落としやすい食べ物としては、まずキャベツがあります。キャベツには食物繊維が多く含まれており、一緒に食べた物の脂肪分を吸着して体外へ排出してくれる働きがあります。また、体内に入ると膨れるため満腹感を得やすく、しかも低カロリーと、内臓脂肪を減らすために大いに役立ってくれます。また、トマトや豆腐といった食べ物も非常におすすめです。トマトに含まれているリコピンには、脂肪を燃焼する効果があると言われており、血糖値を下げる作用もあることから、糖質の吸収を抑え、脂肪が溜まるのを防いでくれます。豆腐には、植物性のたんぱく質が豊富に含まれているため、代謝を上げ、溜まった内臓脂肪を燃やす効果が期待できます。低カロリーな良タンパク質ですから、是非積極的に食べたいですね。

出典:www.ebarafoods.com

5

以上、内臓脂肪を効果的に落とす方法について見てきました。いかがだったでしょうか。内臓脂肪はそのまま放置してしまうと、糖尿病や高脂血症などの生活習慣病を引き起こし、それが心筋梗塞や脳卒中などのハイリスク疾患のトリガーとなってしまうおそれがあります。決して侮ってはいけません。健康診断でメタボと診断されたら、むしろ早期発見ができたとラッキーに思い、運動や食事内容を変更して効果的に内臓脂肪を落とすようにしましょう。みなさんも是非一度参考にされてみてください。

6

この記事に含まれる情報は参照の目的だけに提供され、医師あるいは他の有資格の専門家によるアドバイスの代用にはなりません。医師に相談することをお勧めします。

内臓脂肪を効果的に落とす方法のようなハウツー記事をもっと読む場合は「健康法」のジャンルページからアクセスすることができます。.

関連記事
コメント (0)

内臓脂肪を効果的に落とす方法の記事にコメントを書く

すごく役に立った

内臓脂肪を効果的に落とす方法
51
内臓脂肪を効果的に落とす方法