シェア
シェア:

高カリウム血症時の食事メニューのまとめ

 
高カリウム血症時の食事メニューのまとめ

(イントロ)

みなさんは高カリウム血症という病気をご存知でしょうか?まだまだ若くて健康な方はあまり聞き覚えがないかもしれません。しかし、腎臓系の疾患をお持ちの方、特に腎不全の患者の場合にはかなり神経を使う重要疾患となります。なぜなら、腎臓でカリウムを処理できないからです。腎臓病ではよくカリウムに気を付けて食事制限を行う必要があると言われます。検査数値によってはカリウムを摂っても大丈夫な方もいますが、透析を行う方や多くの腎臓病の方にとってカリウム制限は生死を分けると言っても過言ではない重要な要素の一つとなります。

カリウムは、身体の細胞の代謝をあげ、酵素を活性させたり筋肉や神経の緊張と緩和を司るのに大切な成分です。体内には3500mEqという値のカリウムがあり、細胞中に90%のカリウムが存在し、後は体外液に10%のカリウムを保持しています。

また口から摂取するカリウムは90%尿から排出され、残りの10%は便により排出されます。しかし、腎機能が衰え腎不全が進む事によってカリウムの排出も自らできないようになってしまうと、「高カリウム血症」が引き起こされます。高カリウム血症は、高濃度のカリウムによって不整脈を起こしたり、心臓が停止する恐れもあり、血液から心臓にまで影響を及ぼすことになるため大変危険です。したがって、腎臓病を患っている方にとってはカリウム制限という日常が当たり前になってきます。そこで必要になってくるのが、高カリウム血症患者向けのカリウム制限メニューです。今回はそんなカリウム制限メニューについて、見ていきたいと思います。

出典:cafy.cdn-dena.com

こちらもオススメ: 高カリウム血症原因のまとめ

豆のサラダ

野菜はフルーツと並び、カリウムが多く含まれている食品ですが、だからと言って全くとならいわけにはいきません。重症の場合は別ですが、軽症の場合などには工夫しながら野菜を取ることがよいです。そこでおすすめなのが、豆のサラダです。豆は2度ゆでこぼすことによってカリウムを20%削減することができます。豆はカリウムが溶け出しにくい特性がありますので、この2度ゆで作業は非常に重要になります。お好きな豆を茹でて冷凍庫にストックしておけばいつでもサラダに付け合わせて食べられるのでとてもおすすめです。また、塩は振らずに豆本来の味を楽しむ事もできますので、サラダのアクセントにもなり、サラダでもボリューム感ある満足のいく食事を摂ることができるようになります。

出典:s.eximg.jp

豆のサラダ

モヤシのナムル

茹でたモヤシをナムルでいただくのもおすすめです。茹でることでカリウムが排出されますので、茹でることが非常に重要です。もちろんゆで汁は必ず捨てるようにし、水洗いして可能な限りカリウムを落とすようにしましょう。しかももやしでよいのは何より安いということです。悪天候などにより、野菜の高騰が家計を圧迫することはよくありますが、工場栽培されるモヤシはそんな悪天候や自然災害に左右されず、常に安定した安い価格を提供してくれます。料理のかさましにもなりますし、おつまみとしても最適です。塩を使用せずに減塩だし醤油を入れる事によって味に深みが増し満足感のある味わいとなりますのでおすすめです。

出典:image.excite.co.jp

モヤシのナムル

チンゲン菜のクルミ和え

チンゲン菜を茹でることで、カリウム摂取を抑えることができます。また、クルミは腎臓にもよい食べ物とされ、チンゲン菜も不足しがちな鉄分を補給できる食べ物ですので腎臓病の方にはおすすめの食材の組み合わせと言えます。

出典:jp.rakuten-static.com

チンゲン菜のクルミ和え

紅白なます

紅白なますもカリウム制限メニューとしておすすめです。大根とにんじん、そして柿を用意し、千切りにしてから水に3分間さらします。水にさらすことでカリウムが減少しますので、この作業は非常に大切です。必ず水にさらすようにしましょう。お酢も体にとって良いですから、カリウムを減らした野菜が食べられる状態にある方にはおすすめのメニューです。

出典:kutsurogi.biz

紅白なます

芋のポタージュスープ

芋のポタージュスープもおすすめのカリウム制限メニューです。芋類はカリウムを多く含みますので心配かも知れませんが、工夫することで、十分にカリウム制限メニューとなります。芋はできるだけ小さくカットして、茹でる際には大量のお湯で茹で、ゆで汁は必ず捨てるようにします。この工夫により、お湯にカリウムが流れ出しますので、50%~75%程度のカリウムをカットすることができます。

出典:image.space.rakuten.co.jp

芋のポタージュスープ

まとめ

以上、高カリウム血症時の食事メニューについて見てきました。いかがだったでしょうか。高カリウム血症の場合は、カリウム除去、あるいはカリウム制限メニューが大前提になります。もちろんカリウムは体にとって必要不可欠な必須ミネラルです。しかし、それは健全な腎機能があってのことであって、腎不全などの腎機能低下がある場合、カリウムは明確な毒となります。この点にくれぐれも注意するようにしましょう。通常の野菜であっても、茹でるなどの工夫をすることで、カリウムを多く減らすことができます。みなさんも是非一度参考にされてみてください。

この記事に含まれる情報は参照の目的だけに提供され、医師あるいは他の有資格の専門家によるアドバイスの代用にはなりません。医師に相談することをお勧めします。

高カリウム血症時の食事メニューのまとめのようなハウツー記事をもっと読む場合は「健康法」のジャンルページからアクセスすることができます。.

関連記事
コメント (0)

高カリウム血症時の食事メニューのまとめの記事にコメントを書く

すごく役に立った

高カリウム血症時の食事メニューのまとめ
61
高カリウム血症時の食事メニューのまとめ