シェア
シェア:

血圧の正常値・適正値

評価: 5 (7票)
1シェア
 
血圧の正常値・適正値

常に血圧をチェックするのは、私たちの健康状態を知るのにいい習慣です。もしかしたら高血圧だったり、低血圧だったりするかもしれませんね、そこで正しい血圧の測り方を知るのは大切なことです。ここでは血圧の正常値とは何かを説明します。

こちらもオススメ: 血液中の好酸球の正常値とは

正常値とは

まず色々な要素が血圧に影響しているということを知っておいてください。例えば、性別、年齢、習慣、食べ物など血圧に影響を与えます。また消化、感情、眠気なども影響しています。

色々な要素があることがお分かりでしょう。なので正常値といっても上から下まで多少幅があります。

正常値とは

正常値は何を表しているでしょう

正常値は水銀血圧計の舘の数字を表しており、静脈の血流の最大血圧を表しています。またそれは心臓の収縮を意味しています。また血圧の下の値は心臓の拡張かリラックス状態かを表しています。

多くの国では血圧をミリメートルで表し日本も同様です。120 と 80と書きます。

正常値は何を表しているでしょう

正常値

正常値は:

  • 高いほうが 10 から 14 cm (100 から 140 mm)
  • 低いほうが 6 から 9 cm (60 から90 mm)

理想的なのは高いほうが12 cmを超えないこと (最大13) dえ低いほうは9以下にならないことです。歳をとると静脈は活発じゃなくなるので、血圧も上がる傾向にあります。年齢とともにあがるんです。

もし 14 から 9くらいでしたら、それは高血圧です。高すぎたり、低すぎたりするのはよくないです。

正常値

血圧の測り方

現在では、血圧を測るのによく使われる製品は、血圧計というもので、袋とゴムのチューブがついたものです。そして水銀血圧計で血圧をセンチで測れます。測り方はとても簡単で、痛くもなく早くできます。こちらでは測り方を紹介しています。

血圧の測り方

正常値を維持することは大切

血圧は私たちの体内の血液の動きを測るものです。なので健康かどうか、これで分かります。血圧が高いと貧血になりやすく、心臓病になる危険があります。心臓に関わる病気も関係しています。正しい食生活をし、専門医に処方された薬を飲んでください。これは絶対大切です。

低血圧の人は、循環器系に問題があったり、意識を失う可能性があります。だから食生活には気をつけてください。

正常値を維持することは大切

この記事に含まれる情報は参照の目的だけに提供され、医師あるいは他の有資格の専門家によるアドバイスの代用にはなりません。医師に相談することをお勧めします。

血圧の正常値・適正値 のようなハウツー記事をもっと読む場合は「病気」のジャンルページからアクセスすることができます。.

アドバイス
  • 血圧が異常値だったら、専門医に見てもらうのをお勧めします。
  • 心臓の病と同じように血圧も常に気にしてみてください。大切なことです。
関連記事
コメント (0)

血圧の正常値・適正値 の記事にコメントを書く

すごく役に立った

血圧の正常値・適正値
61
血圧の正常値・適正値