シェア
シェア:

右腰の痛みの原因

右腰の痛みの原因

右腰痛みの原因はいろいろなことが考えられます。まずやらないといけないことは、医者にいって、調べてもらうことです。右腰の痛みは虫垂やすい臓など、腎臓に関係していることが多いです。また、骨に関係しているかもしれません。こちらではその原因についてご説明します。

こちらもオススメ: 左側の腰痛の原因

右腰の痛みの警告

もちろん右腰の痛みがひどい時には、すぐ医者に行ってください。でも痛みが弱い時、48時間様子を見ましょう。2日経っても痛みが引かない場合は専門医に見てもらいましょう。しかしスポーツをした後に右腰が痛む場合、それはもしかしたら一時的なものかもしれません。こちらではその時の対処法を紹介します。

右腰痛みの原因

右腰の痛みの原因は色々な病が考えられます。深刻な病からそうでないものまであります。例えば、消化不良や便秘。しかし、このような痛み、特に右腰の痛みは、虫垂、すい臓、腎臓、食中毒、肝炎、胆嚢、胆石、胃炎、子宮外受精、憩室、骨盤の腫れ、泌尿の感染、ヘルニア、などの深刻な病と関係しているかもしれません。なんであれ、早く医者に見てもらい診断してもらいましょう。

背骨の問題

右腰の痛みがもっと背中のほうで起こっているなら、背骨の問題かもしれません。診断には背骨のレントゲンをとらなければいけません。おそらく、脊柱側彎である可能性が高いでしょう。このような問題があったら理学療法士に見てもらうか、オステオパシーでもいいでしょう。

右腰の痛み、虫垂

虫垂は右腰の痛みを引き起こす悪病です。この痛みはおなかの痛みとは違います。これは体の側面だけが痛むからです。症状はへその周りかお腹の上あたりに軽い痛みがあり、それはお腹の痛みとは違うのですが判別は難しいです。しかしこの痛みが続くようなら、またひどくなるようなら、これは正常ではないと考えてください。痛みの部分を人差し指で押し、2秒後にはずしてみましょう。虫垂だったら、そこを押したとき、そこが本当に痛いはずです。それから、立ったり、歩いたりして、めまいがしないか試してみましょう。また下腹を倒したり、曲げたりして痛みがあるかどうか、チェックしてみてください。

右腰痛みの対処法

対処法はいつも原因によって異なります。筋肉の痙攣、引き付けが原因なら、休んだり、理学療法士に見てもらいましょう。右腰の痛みが背骨のほうにあるなら、エステロイドではなく、腫れの押さえの薬を処方してくれるかもしれないので、医者に行ったり、家でできるエクササイズを教えてくれる理学療法士に相談しましょう。

もし消化による痛みなら、軽い食事を取ることをお勧めします。野菜やフルーツは消化しにくいので食べるのをやめましょう。抗生物質や鎮痛剤は、腎臓に関わる病気によく使われます。虫垂の場合は入院し手術しないといけないかもしれません。

この記事に含まれる情報は参照の目的だけに提供され、医師あるいは他の有資格の専門家によるアドバイスの代用にはなりません。医師に相談することをお勧めします。

右腰の痛みの原因と関連した記事をチェックしたい場合は、病気のジャンルから探すことができます。

コメント (0)

右腰の痛みの原因に関してコメントを残す

あなたは記事をどう思いましたか?

右腰の痛みの原因
51
右腰の痛みの原因