シェア
シェア:

肝臓を強くする方法

肝臓を強くする方法

みなさん、肝臓の健康を意識されたことはあるでしょうか?何となくの健康増進は意識されたことは多いと思いますが、肝臓の健康をピンポイントで意識されたことがある方は少ないのではないでしょうか?数ある人間の臓器の中でも肝臓は重要度の高い臓器です。肝臓は体内で発生した毒素を解毒する役割を担う性質上、飽食の時代である現代社会では特に重要で負荷の集中しやすい臓器です。ファーストフードが横行している現代社会では、肉や油中心の欧米化した食物が過剰に摂取されています。これによってアンモニアなどの毒素が大量に発生し、これを処理できる臓器は肝臓しかないため、自ずと現代人の肝臓はフル回転せざるを得ない状況となっています。さらに、肝臓は沈黙の臓器ともいわれており、機能が低下し始めても自覚することが極めて困難です。このようなことを考えれば、是非とも肝臓を強くしたいところですよね。そこで今回はそんな肝臓を強くする方法について、見ていきたいと思います。

出典:onaka-byouki.com

食事による強化方法

まずはじめに考えられる方法としては、食事による強化方法です。食事から肝臓の健康状態を改善する場合、試みるアプローチは二つあります。それは①肝臓の健全性と機能を高める栄養素を摂取すること②肝臓が処理する毒素を解毒する働きをもつ成分を摂取すること です。理想としては、①と②両方を併せ持つ食材を積極的に摂取していきたいところです。そのような食材を意識して食べていけば、きっと効果的に肝臓を労り、無理なく強化していくことができるでしょう。

その代表的な食べ物として、しじみが挙げられます。しじみは肝臓にいい食べ物として有名ですよね。しじみにはオルニチンという肝臓にとって極めて有効なアミノ酸が含まれており、肝機能の改善には欠かすことができません。オルニチンは肝臓の修復と毒素の解毒を同時に行うことができるため、まさに攻防一体の栄養素といえるでしょう。また、牡蠣も肝機能には非常に良い食べ物です。牡蠣に含まれる各種アミノ酸やタウリンなど肝臓に役立つ栄養素が満載で、しじみと同様に肝臓の健康を考えれば積極的に食べたい食材といえるでしょう。また動物の内臓、特にレバーなども肝臓には非常に良いとされる食材です。そもそもレバーは動物の肝臓のことであり、人間の肝臓を構成する成分をそのまま多く含むため、痛んだ肝臓組織の修復に役立ちます。レバーをメインの素材としたサプリメントも数多く存在しており、好き嫌いは別れるかと思いますが、肝臓を酷使し痛めていることを自覚している方には特におすすめな食材です。また、緑黄色野菜も肝臓やその他内臓の健全性に深く関与する重要な食材です。緑黄色野菜に濃い色をもたらしているベータカロテンは体内で必要に応じてビタミンAに変換され、これは内臓や粘膜の健康維持・修復に必要なものとなります。また、肝臓は飲み物によっても強化することができます。肝臓の健康対策は日々こまめに行うことが大切です。まずは気張らずに、お茶やコーヒーから対策を始めましょう。肝臓にいい飲み物としてまず摂取したいのは緑茶です。緑茶は肝臓に限らず健康全般に役立つ優れた飲み物ですが、肝臓への働きは特に優れています。緑茶の肝臓に対する特有の作用としては、茶カテキンが肝臓に蓄積した内臓脂肪を効果的に分解・除去してくれることです。この効果を標榜した茶カテキン配合健康食品は特定保健用食品としても知られており、その効果は確かなものです。その他にも、植物性ポリフェノールが豊富で、肝臓の老化や劣化を強力に予防してくれます作用も持っています。また、愛飲者の多いコーヒーも肝臓の劣化予防に役立つ飲み物です。緑茶の茶カテキンと同じ植物性ポリフェノールに分類されるコーヒークロロゲン酸が、肝臓への酸化ストレスを大きく軽減し、加齢による肝臓の機能低下の原因を潰してくれます。また、水素水も肝機能強化に役立つ飲み物です。酸化予防という観点からしばしば注目される水素水ですが、酸化は美容のみならず健康の大敵でもあり、肝臓の大敵でもあります。そんな酸化を防いでくれる水素水は肝臓にとっても非常に有用なものとなります。臓器の性質上、大量の毛細血管が臓器内に張り巡らされている肝臓と腎臓は、活性酸素の影響を受けやすく、酸化しやすいため、水素水のような強力な抗酸化作用を持つ飲み物は非常に有効に作用するのです。

出典:onaka-byouki.com

食事による強化方法

漢方薬

肝機能は漢方薬によっても強化することができます。肝臓の機能低下による病的な症状がはっきり現れる場合は、すでに病気が末期に近い状態となってしまっているため、自覚症状が現れる前から早め早めの対処を取っていくことが必要です。しかしながら自覚症状もないのに病院へ行ったり薬を飲んだりするのは抵抗がある、という方も多いでしょう。そんなときは、生薬ベースの漢方薬から始めてみるのがおすすめです。生薬の組み合わせである漢方薬は安全性が高く、症状が出始める前から予防や増強目的で飲むには最適です。そんな漢方薬の中でもまずおすすめしたいものは、田七人参です。田七人参は高麗人参などで知られるオタネニンジン属の薬用植物ですが、その効果と希少性は有名な高麗人参よりも遥かに高いものです。田七人参は土壌の栄養素を余さず吸い上げてしまうために連作が全くできず、生産のノウハウも中国にしかないため、流通量が少なく知名度が低いのですが、その効果は抜群です。田七人参そのものを手に入れることも難しく、しかも非常に高価なものとなっています。一方で、これを用いたサプリメントはいくつか販売されており、現実的な価格で安定して入手可能になっています。

出典:waka-hage.com

漢方薬

まとめ

以上、肝臓を強くする方法について見てきました。いかがだったでしょうか。食べ物や飲み物によっても肝機能を強化できますし、漢方薬によっても強化することができます。肝臓は沈黙の臓器です。異常に気付いたときにはもう出遅れという可能性もあります。みなさんも是非一度参考にされてみてください。

この記事に含まれる情報は参照の目的だけに提供され、医師あるいは他の有資格の専門家によるアドバイスの代用にはなりません。医師に相談することをお勧めします。

肝臓を強くする方法のようなハウツー記事をもっと読む場合は「健康法」のジャンルページからアクセスすることができます。.

関連記事
コメント (0)

肝臓を強くする方法の記事にコメントを書く

すごく役に立った

肝臓を強くする方法
31
肝臓を強くする方法