シェア
シェア:

胆嚢ポリープの症状と原因

 
胆嚢ポリープの症状と原因

みなさんは胆嚢ポリープという病気をご存知でしょうか?若い世代ではあまり聞き慣れないという方も多いかもしれませんね。しかし、たかがポリープと決して侮れない疾患なのです。胆嚢ポリープはそのほとんどが良性とされていますが、中には癌に発展するケースもある怖い病気です。悪性の場合、手術が必要になることもあります。それを思うと名前を聞いただけでもがんのように非常に不安になるような病気です。だからこそ症状や原因をしっかり把握して対策を立てておけるようにしておきたいですよね。そこで今回は、そんな胆嚢ポリープの症状と原因について見ていきたいと思います。

出典:welq.cdn-dena.com

こちらもオススメ: 脂肪肝を治す方法

胆嚢ポリープの症状

胆嚢の内腔にできる粘膜の盛り上がりのことを胆嚢ポリープと呼びます。日本人の食生活の変化により、消化器官にポリープが発生する人の割合は増え続けていますが、胆嚢ポリープもその中の一つです。良性のものには自覚症状はほとんどないため、健康診断や人間ドックを受けた際に偶然見つかるというケースが多いです。近年増加傾向にあり、40~50代の方に多く見られる病気です。成人の約5~10%に発見されており、男女差はほとんどありません。胆嚢ポリープのほとんどが良性のため、6ヶ月~1年ごとに検査を受けながら経過観察を行っていくのが一般的です。一方で、悪性ポリープの場合は摘出手術が必要となるため注意が必要です。また、ポリープにはさまざまな形があり、キノコのような茎の形を持つ有茎性ポリープや茎の形がはっきりと見られない亜有茎性ポリープ、扁平に盛り上がっている広基性ポリープなどがあります。しかしポリープの形態だけでは、それが癌であるかどうかの断定はできないため、精密検査を受ける必要があります。多くの場合は自覚症状がありませんが、胆嚢の出口付近にポリープができた場合には、腹部に痛みを感じることもあります。胆石症や胆嚢炎などを併発している場合にも、不快感やみぞおちの痛みなどが症状として現れます。また胆嚢ポリープの中には、胆嚢癌といった悪性のものが存在します。ポリープが10mm以上の大きさになると癌に発展する可能性が高くなり、癌化した場合は鈍痛や体重減少、さらには黄疸や下痢などの症状が出ることがあるので注意が必要です。疑わしい症状がある場合は、すぐに専門の医療機関を受診するようにしましょう。

出典:s.hosp.tsukuba.ac.jp

胆嚢ポリープの原因

腫瘍性の胆嚢ポリープの原因は未だに解明されていません。これに対して非腫瘍性の胆嚢ポリープの場合は、胆汁に含まれるコレステロール成分が胆嚢粘膜に張り付いてできることが原因とされています。そのため、発症する際に考えられる原因もいくつか確認されています。まずはじめに、食事の取り方に原因がある場合があります。肥満症であったり、普段から脂肪分が多く含まれている食事をしている方は、胆嚢ポリープを発症する危険性が高いと言われています。動物性脂肪分が多い肉類や卵、バター、ベーコンなどの加工食品、チーズ、アルコール類などの食品を普段から多く摂取している方は、注意が必要です。また、胆嚢ポリープができやすい人の傾向として、柿・タケノコ・山菜・濃いお茶・濃いコーヒーなどを多く摂取している場合が多いという報告もあります。しかし、裏を返せばこうした食生活を見直し、改善することで発症率を下げられると言うことができます。脂肪分の多い食品などの摂取はできるだけ控えるようにして、発病リスクを可能な限り下げていきましょう。

また、基礎代謝の低下も原因として考えられます。40~50代になると、私たちのからだの基礎代謝は一般的に

減少していきます。その結果、食事の量や摂取する食品が若い頃と変わらなくても脂肪がつきやすく太りやすくなってしまいます。それゆえ、コレステロール値も高くなりがちです。これらのことが相関して原因となり、胆嚢ポリープの発症率が高くなってしまいます。

また、食物繊維の不足というのも胆嚢ポリープの原因となり得ます。実は胆嚢の疾患と食物繊維との間には密接な関係があると言われており、食物繊維の不足が胆嚢ポリープ発症に影響を与えると言われています。胆汁が回腸から肝臓へ再吸収される際、腸内に十分な食物繊維があると、胆汁の吸着をしてくれる作用が働き、胆汁は体の外へ排出されます。また新たな胆汁を作る際には原料としてコレステロールが使われるため、食物繊維の摂取によってコレステロールの効率的な代謝が期待されるのです。しかし食物繊維が不足してしまうと、このような代謝機能が失われてしまいますので、結果として発症リスクが上昇してしまうというわけです。

まとめ

以上、胆嚢ポリープの症状や原因について見てきました。いかがだったでしょうか。ポリープと言えど決して侮れない疾患です。多くの場合は自覚症状がなく、良性ポリープで事なく終える場合が多いですが、悪性の場合には、いわゆる癌疾患となりますから非常に深刻な病気となります。原因と症状をしっかりと把握して、少しでも異常を感じたら早期に専門の医療機関を受診するようにしましょう。

この記事に含まれる情報は参照の目的だけに提供され、医師あるいは他の有資格の専門家によるアドバイスの代用にはなりません。医師に相談することをお勧めします。

胆嚢ポリープの症状と原因と関連した記事をチェックしたい場合は、病気のジャンルから探すことができます。

コメント (0)

胆嚢ポリープの症状と原因に関してコメントを残す

あなたは記事をどう思いましたか?

胆嚢ポリープの症状と原因
31
胆嚢ポリープの症状と原因