シェア
シェア:

虫垂炎の症状

工程
2シェア
 
虫垂炎の症状

虫垂炎はあまり知られていないものなので、こちらの記事で説明します。ちょっとお腹が痛かったら、盲腸かなと疑う人もいるでしょう。こちらでは、虫垂炎について詳しく説明しているので、読んでみてください。

こちらもオススメ: 脂肪肝を治す方法
工程:
1

はじめの症状はお腹の横辺りが痛いということでしょう。これはお腹が痛いのか虫垂炎なのか、分かりにくいですね。しかし痛みが続いたり、ひどくなったりする場合、これは普通ではないな、と考えたほうがいいです。また咳をしたりすることでお腹が痛い場合何か他の病気かもしれません。指でお腹の痛い部分を2秒ほど押してみて、指を離してみてください。咳が出たり、痛みがあったりしたらそれは恐らく虫垂炎でしょう。

2

真っ直ぐ立ったり、歩いたりしてみましょう。虫垂炎の症状は、お腹の角度によって痛みがひどくなったりすることです。本当に虫垂炎だったら起き上がるのがつらくて、または起き上がるパワーがなくて、ずっとねっころがっていたいでしょう。痛みは横になると緩和するからです。それからジャンプしてみてください。ジャンプする時、痛くないですか。これができないほど痛かったら、かなり深刻です。

3

熱と虫垂炎も関係しているので、熱も測ってみましょう。通常は35 から37ºCくらいなものですが、もっと高ければ虫垂炎かもしれません。

4

気分が悪かったり、吐き気がしたら虫垂炎かもしれません。しかし、食あたりなど、他の可能性も考えられます。痛みの原因が自分で分かりませんか?もしかしたらお腹を壊して下痢をしているだけかもしれません。だから原因を突き止めないといけませんね。

5

痛みが続いたり、ひどくなったりする場合、医者にすぐ行って検査してもらいましょう。特に虫垂炎を疑ったほうがいいですね。虫垂炎の場合、簡単な手術をしないといけないかもしれません。それから正しい治療をしていけば回復するでしょう。関連記事を以下に載せたのでご覧ください。

6

この記事に含まれる情報は参照の目的だけに提供され、医師あるいは他の有資格の専門家によるアドバイスの代用にはなりません。医師に相談することをお勧めします。

7

虫垂炎の症状と関連した記事をチェックしたい場合は、病気のジャンルから探すことができます。

アドバイス
  • 虫垂炎かなと思ったら医者に行きましょう。
  • 鎮痛剤を使うのはやめましょう。
  • 油っぽいものは食べないようにしましょう。
  • 痛みがひどいようなら、それは腹膜炎かもしれません。
  • ちゃんと治療しないと腹膜炎は最悪の場合、死に至るかもしれません。
コメント (0)

虫垂炎の症状に関してコメントを残す

あなたは記事をどう思いましたか?

虫垂炎の症状
51
虫垂炎の症状