シェア
シェア:

親知らずの痛みを和らげる方法

工程
評価: 5 (3票)
1シェア
 
親知らずの痛みを和らげる方法

一般的に親知らずは臼歯といわれ、17-21歳の間に生えてきます。しかし全く生えないということもあります。親知らずに痛みがなくても、違和感を与えることもあります。ここhohoron.comでは親知らずの痛みのやわらげ方を紹介します。

工程:
1

強い痛みを頻繁に感じるようなら、歯医者に行くのがいいと思います。何日経っても痛みが引かないような深刻な痛みは、健康に関わる重大な病に冒されている可能性もあるので、専門家に見てもらいましょう。

画像: saluspot.com
2

親知らずの痛みを和らげる方法は、ガムを噛むことです。 これをすることにより、痛みの周辺をマッサージし、一時的に痛みがなくなるでしょう。

3

局所麻酔を使うのも効果的です。口内の薬は処方箋なしで薬局で買えます。ちょっとだけ痛むところに やってみましょう。効くと思います。

4

他にいい方法は、塩入りの熱いお湯で口をゆすぐことです。 薬を使用することなく、これで痛みが和らぎます。30秒口をゆすいでください。でもそれを飲み込まないように気をつけてください。

画像: blogdefarmacia.com
5

鎮痛剤も親知らずに効きます。 服用の際に説明をよく読み、使用法に注意して飲んでください。もし他の薬と併用する際は 飲む前に専門医に相談してください。

6

この記事に含まれる情報は参照の目的だけに提供され、医師あるいは他の有資格の専門家によるアドバイスの代用にはなりません。医師に相談することをお勧めします。

7

親知らずの痛みを和らげる方法と関連した記事をチェックしたい場合は、家庭医学のジャンルから探すことができます。

アドバイス
  • 親知らずが完全に全部生えきったら、痛みは切れるはずです。痛みが残るようなら専門医に見てもらいましょう。
  • 時々親知らずが出るのに口の中に十分なスペースがない人もいます。 その人は歯が動いたり曲がったりするスペースがないということです。 それを治すには歯医者にご相談ください。
  • 口が完全に閉じられない方、またはその時痛みがある方、すぐに歯医者に見てもらってください。
コメント (0)

親知らずの痛みを和らげる方法に関してコメントを残す

あなたは記事をどう思いましたか?

親知らずの痛みを和らげる方法
画像: saluspot.com
画像: blogdefarmacia.com
41
親知らずの痛みを和らげる方法