menu
シェア

ピンチや逆境に強くなる方法

 
投稿者 Kollama Yujiro. 更新された: 16 1月 2017
ピンチや逆境に強くなる方法

やばい、もう無理かもしれない。今が人生最大のピンチだ。

生きていれば、もう今こそどん底かもしれないと思う時が何度か訪れます。

状況や悩みは人それぞれですが、ピンチや逆境に立たされた時、逃げ出したくなったり、もう駄目だと思ったりする気持ちはみんな同じものです。その度に悩んで悩んで悩み疲れて…つらいですよね。

どうにかピンチや逆境に立ち向かう強いメンタルを手に入れたい!と思いますよね。

ここでは、いざピンチや逆境に立たされた時、混乱している頭をどう整理して、どう解決に向かうのかを紹介します。また、普段からこれらの行動を身につけておけば、ピンチや逆境でもへこたれず強く立ち向かうことができるはずです。

従う手順:
1

まずはじめに、状況をひとつひとつ言葉に出してみよう!

ピンチや逆境に立たされた時、頭の中で、色んなことがぐるぐるとまわりまわって、もうどれから手をつけたらいいかわからなくなっているはず。きっと頭の中ではたくさんの悩みやタスクが糸のように絡み合ってもう硬い結び目がいくつもできてしまっています。まずは、その絡み合った糸を一本一本たどってほどいていく作業をしましょう。頭で考えるだけでは、また絡み合ってしまうので、ひとつひとつ口に出ししたり、紙に書き出したりして言葉にしてみましょう。ひとつひとつのことを考えると、絡み合った糸も元はそれぞれ一本の糸だったということが、「あれ、意外とこんなことだったのか」と気付けることもあります。ひとつひとつ言葉にして頭が整理できたら、それぞれに合った解決法をこれまたひとつひとつ考えましょう。

2

とりあえず簡単なことから手をつけること。

ひとつひとつ口に出して言葉にして解決しようとしてみたけど、ピンチはピンチで何も解決しない!そんな人は、混乱した頭をひとつひとつ整理した後に、ひとつひとつ行動してみましょう。その中から一番解決しやすそうなことから、まず手をつけてみましょう。どれが一番容易かもわからないという人は、言葉にした上から順に手をつけてみましょう。

行動を始めてみなければ、それが無理なことなのかどうかも判断できません。どれかに手をつければ、いつのまにかすべて上手くいっていたりすることもあります。上手くいかなかったとしても、行動を起こすことで、ちょっとずつ肩の荷がおりていく感覚があるはずです。

3

己の障壁は、己のプライドにあり!

「行動しろなんて簡単に言うけれどできないよ!」という人は、もう一度胸に手を当てて考えてみてください。本当に自分が行動できる方法はこれ以上ないか?いいえ、あるはずです。頭の片隅には浮かんでいるけれど、それを考えさせない様に遠ざけていませんか?そうさせているのは、自分のプライドではないでしょうか。いつまでプライドにすがっているのでしょうか。この状況を解決するのはまず自分のプライドを捨てることだと本当は分かっているのではないでしょうか。いつまでもプライドを抱えていては、この先、また同じことで壁にぶつかってしまう時が来ます。自分で積み上げてきたプライドの壁を壊せるのは自分しかいません。

4

自分をさらけ出し、理解者を作ることはひらめきの元!

プライドを捨てて身軽にはなったけど、まだこの状況を脱することはできない!そんな時は、あなたの状況や悩み、それに対しての自分の気持ちなど、全てをさらけ出せる理解者を作りましょう。たとえその人が理解してくれないとしても、他人に状況を伝えることで頭の中をもう一度整理することができますし、他人に話すということで何かひとつ解決したようにすっきりするはずです。ひとそれぞれ価値観が違うのは当然なので、理解者は理解してくれるだけの存在ではなく、何か解決に向けた糸口を見つけてくれる存在にもなり得ます。自分で考えているほど自分の状況はピンチでも逆境でもないかもしれない、それを気付かせてくれるのは他人です。

5

上手くいった時のことをイメージできる?

他人に話して理解はしてくれたものの、やっぱり、解決できそうもない…。ここでもう一度考えて欲しいのは、解決して上手くいった時の自分の像です。それがイメージできますか?全てを乗り越えて喜んでいる自分を想像できますか?できるのであれば、イメージ通りに行動を起こすのみです。イメージ通りにいかなければ、また一から考えなおして別のルートを通ればよいのです。

想像してみてください、ひとつひとつ解決できていくイメージを。解決していく為のルートをイメージしてみてください。それを達成した時の自分を。

6

あきらめるのもひとつの行動!

上手くいった時が全くイメージできない。もうどんな行動をしてもネガティブな方にしかイメージできない。そんな時は思い切ってあきらめるのもひとつの行動です。あきらめるということは、できないことをできないと認めることです。簡単そうに見えますが、これはとても勇気と決意がいることです。もう知らないと投げ出すのではなく、できない自分を認めてあきらめるのです。ここであきらめた事が次へのステップにつながることもありますし、あきらめることを覚えればキャパオーバー悩まされることも減り、今後の自分の為にもなり得ます。

7

それでもだめなら一度落ち着いて瞑想する時間をとる!

そんなこと言ってもあきらめることなんてできないことだってありますよね。それも分かります。

そんな時は一度、無理にでも時間を取って、瞑想をしてみましょう。瞑想は不安や恐怖心を解放する為に昔から行われている方法のひとつです。せかせかして時間に追われている時こそ、快適な環境で心を静めて無心になり、深く息をする。瞑想することで、自分の心を落ち着かせ、リラックスしてみてください。

その後改めて、ひとつひとつ問題に向き合ってみると、見え方が変わったり、落ち着いて考えることができたりするでしょう。

8

いかがでしょう、あなたが立たされている状況をしっかり見つめなおすことができたでしょうか。

普段から、これらを行動するクセをつけて、ピンチや逆境に立たされた時に「チャンスが来た!」と楽しめるようになれたら何が起こっても無敵ですね!

この記事に含まれる情報は参照の目的だけに提供され、医師あるいは他の有資格の専門家によるアドバイスの代用にはなりません。医師に相談することをお勧めします。

ピンチや逆境に強くなる方法と関連した記事をチェックしたい場合は、心理学のジャンルから探すことができます。

の記事にコメントを書く

あなたは記事をどう思いましたか?

ピンチや逆境に強くなる方法
ピンチや逆境に強くなる方法

トップに戻る