シェア
シェア:

肝臓をきれいにしてくれるジュースの作り方

評価: 3 (2票)
2シェア
 
肝臓をきれいにしてくれるジュースの作り方
画像: blog.carritus.com

体内で実は一番きれいにしないといけないところは腎臓なんです。バランスのよくない食事は避けないといけないし、腎臓には元気に動いてほしいですよね。そこで、家庭でできる肝臓をきれいにする方法があります。ここでは、肝臓をきれいにするジュースを紹介します。

こちらもオススメ: 肝臓を回復させる方法

どうして肝臓をきれいにしないといけないのでしょう

肝臓は体内の毒素を外に出す大切な働きをしています。なので悪い食生活、薬や食べ物の消化不良、アルコールなど影響してきます。また肝臓はプロテイン、コレステロールも作り出し、非常に大切な臓器です。肝臓がうまく機能しないと以下のような症状が出てきます:

  • 肝臓脂肪
  • 肝臓の腫れ
  • 肝臓疾患
  • 充血

暴飲暴食をするとこのような症状が出ます。特にアルコールの飲みすぎ、なので健康的な食事をとり、肝臓をきれいにするのは大切なことです。食べ過ぎたと感じたら7日以内なら断食をするのもいいでしょう。

肝臓の毒を出すためにビートとレモンのジュースを飲む。

ビーツは、毒を外に出す働きがあり、特にこのような色の野菜は栄養があり、これが健康によく肝臓癌を予防できるんです。またレモンも栄養があり、肝臓をきれいにしてくれます。 このジュースを作るのに以下のものを準備してください。

  • 大きいビート一つ
  • 大きいレモン1つか小さいレモン2つ

ビートを洗って皮をむきます。レモンを絞り、ビートとあわせます。これをミキサーに入れ、少し水を加え、よく混ぜて飲みます。

肝臓の毒を出すためにビートとレモンのジュースを飲む。

グレープフルーツ、レモン、オレンジのジュース

シトラスには毒素を出す効果があり、これで体内をきれいにし、体内の余分な脂肪や毒素を外に出してくれます。また免疫力も高めてくれます。3つのシトラス、例えばグレープフルーツ、レモン、オレンジを混ぜて飲むといいでしょう。このジュースを作るのに以下のが必要です。

  • 皮をむき、種をとったグレープフルーツ2つ
  • 皮をむき、種をとったレモン2つ
  • 皮をむき、種をとったオレンジ1つ
  • オリーブオイルスプーン一杯

これ全てをミキサーに入れよく混ぜます。お好みでコップ半分の水をいれてもいいです。作り立てをお飲みください。

グレープフルーツ、レモン、オレンジのジュース

オレンジとしょうがのジュース

今まで紹介した方法もとてもいいものですが、でもいつも簡単にグレープフルーツが手に入るわけではないですね。反対にみかんは人気のフルーツで、一年中いつでも買えます。なのでオレンジとしょうがとオリーブオイルのジュースはいかがでしょうか。オレンジにしょうがを加えると最強です。これで癌防止になり、とても健康的です。以下のものを準備しジュースを作りましょう。

  • 絞りたて100%のオレンジジュース1杯
  • すったしょうがスプーン1杯
  • オリーブオイルスプーン1杯

これをミキサーに入れ、混ぜて、飲みます。寝る前、3日続けて飲むと良いでしょう。もっと肝臓をきれいにしたいかたは、7日続けて飲むといいです。

オレンジとしょうがのジュース

この記事に含まれる情報は参照の目的だけに提供され、医師あるいは他の有資格の専門家によるアドバイスの代用にはなりません。医師に相談することをお勧めします。

肝臓をきれいにしてくれるジュースの作り方のようなハウツー記事をもっと読む場合は「病気」のジャンルページからアクセスすることができます。.

関連記事
コメント (0)

肝臓をきれいにしてくれるジュースの作り方の記事にコメントを書く

すごく役に立った

肝臓をきれいにしてくれるジュースの作り方
画像: blog.carritus.com
41
肝臓をきれいにしてくれるジュースの作り方